ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > 市政情報 > 市政 > 各種計画 > 地育力どっとネット > 地育力向上連携システム推進計画(改定版)の詳細

地育力向上連携システム推進計画(改定版)の詳細

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年5月26日更新

地育力向上連携システム推進計画【改定版】

ふるさと意識 地域貢献意識の醸成 「帰ってきたい」と考える人づくり

 地育力向上連携システム推進計画(平成19年度~平成28年度)は、長期的な人材のサイクルを構築し持続可能な地域を作り出していくために、将来を担う子どもたちを対象にした「体験」「キャリア教育」、人材育成のための「学術交流ネットワーク」を柱に取り組んできました。
 平成23年度に、中間期における見直しを行い、後期計画期間(平成24年度~平成28年度)を対象にした【改定版】を策定しました。

地育力とは・・・飯田の資源を活かして、飯田の価値と独自性に自信と誇りを持つ人を育む力と定義しています。
つまり、「将来飯田に住みたい」あるいは「飯田に帰ってきたい」と考える人を育む『人づくりの力』のことです。
地域の資源×地域の人材=地育力

 地域を担い、様々な分野で活躍する人材を生み出していく飯田の教育の土壌を豊かにするため、地育力を活用した「ふるさと学習」「体験」「キャリア教育」、地育力を支える人材を育成する「研究機関ネットワーク」の4つを重点ポイントに据えて取り組みます。

重点ポイント

1.ふるさと学習

 飯田を知り、飯田の良さを知る ~ふるさとの宝物探し~
 地域の歴史、文化、ムトスや結の精神などを、地域の資源・人にふれながら学習することで飯田の価値や独自性を認識し、ふるさと飯田の理解を深めます。

2.体験

 生きる力を育む ~地域の資源と人にふれ ほんもの体験~
 地域の自然、生活、産業、伝統行事等の地域資源を活用した体験を通じて、困難に立ち向かう力、失敗を糧としてそれを乗り越えていく力を育みます。

3.キャリア教育

 主体的に人生を切り拓く力を養う ~職業観、夢を実現する力~
 地域の企業での職場体験学習や地域活動への参加を通じて、自らの生き方を考え、将来の夢を実現する力や地域に貢献しようとする意欲を育みます。

4.研究機関ネットワーク

 地育力を支える人材を育てる ~伊那谷学の担い手育成~
 地域の研究団体等と連携した講座を開催し、各分野で活躍する地育力の担い手を育成していくため、研究団体とのネットワークの構築を目指します。

※詳細は、関連ファイルに添付されている資料をダウンロードしてご覧ください。(PDF形式)

関連ファイル

地育力向上連携システム推進計画【改定版】(PDFファイル/935KB)

地育力向上連携システム推進計画 後期アクションプログラム 2015改定版 (PDFファイル/205KB)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)