ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > 教育 > 生涯学習・講習 > 地育力どっとネット > 飯田女子短期大学生と「わが家の結いタイム」の街頭啓発活動を行いました。
ホーム > 分類でさがす > 市政情報 > 市政 > プレスリリース > 地育力どっとネット > 飯田女子短期大学生と「わが家の結いタイム」の街頭啓発活動を行いました。

飯田女子短期大学生と「わが家の結いタイム」の街頭啓発活動を行いました。

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年11月15日更新

11月は「わが家の結いタイム」推進月間です。

 家族のふれあいの時間「わが家の結いタイム」を、広く市民の皆さんに知っていただくために、11月15日(火曜日)に市内4か所で街頭啓発活動を行いました。

飯田女子短期大学学生と街頭啓発活動を行いました。 

 今回の活動は、大学と連携する活動の一環として、飯田女子短期大学の学生の皆さんにも協力をお願いしました。

 鼎地区の商業施設では、短大生とわが家の結いタイム推進協議会委員、青少年育成推進委員、教育委員会職員が、来店された方々にチラシとポケットティッシュを配布しながら、「わが家の結いタイム」の呼びかけを行いました。

街頭啓発2 参加していただいた短大生の皆さんには、事前に「わが家の結いタイム」について、飯田市教育委員会で取り組んでいる家庭教育推進事業であること、子どもたちが社会にでていく生きる力を身に付ける基礎となる家庭の重要性や、この活動のねらいを理解していただいたうえで、当日に臨んでもらいました。 

 短大生の皆さんに話を聞くと、飯田市出身の皆さんは、「このマーク見たことある!」と話してくれました。ちょうど中学生のころから「わが家の結いタイム」が各中学校でも取り組まれており、覚えていていたようでした。

 市外から進学してきた生徒の皆さんは、「わが家の結いタイム」のことは知らなかったということでしたが、

 

  街頭啓発活動を行った学生の皆さんは、 街頭啓発活動1

 「最初はうまくティッシュを渡せなかったけれど、アドバイスをもらってからは、積極的に渡すことができてよかったです。」

 「このような機会はなかなかないので、参加できて良い経験になりました。今後に活かしていきたいです。」

と話していました。また、少し余った啓発ティッシュは持ち帰り、寮生の皆さんに配布してくださるとのことでした。

 学生の皆さんはとても前向きにこの活動に参加していただき、「わが家の結いタイム」をとおして、飯田市の取組についても興味・関心をもってもらう良い機会となりました。ご協力いただいた皆さん、ありがとうございました。

毎月第3日曜日は「結いの日」です。

 今回の街頭啓発活動は、「結いの日」である11月20日(日曜日)に向けた活動としても行いました。 活動に参加していただいた皆さんから、

 「今週20日は“結いの日”です!」

 「11月はわが家の結いタイム推進月間です!」

などの声かけを行っていただきました。

 啓発用のチラシには、「わが家の結いタイム」の取り組みの紹介のほかにも、今年度の「わが家の結いタイムポスターコンクール」の教育委員会賞の作品や、「わが家の結いタイム三行詩コンクール」の特選作品も掲載し、開いて楽しい内容となっています。

 飯田女子短期大学新海教授からは、

 「手にとっていただいて、中身もしっかり見ていただけると良いですね。

 毎年学生も参加させていただいて、飯田を離れる学生にとっても良い経験になったと思います。」 

と話されました。

 飯田駅前街頭啓発

 市内4か所で約1000個の啓発ティッシュを配布し、駅前では下校途中の学生、商業施設ではお買いものにいらっしゃる地域の方、親子連れなど、多くの市民の方々と直接ふれあえる機会になりました。

 この活動をとおして、「わが家の結いタイム」を知っていただき、内容の柱である、

 「あいさつ」 「会話」 「お手伝い」 「読書」

について各家庭で実践され、取り組みが広がることを願っています。

 

 

 

今回の街頭啓発活動で配布した三つ折りチラシのデータです。皆さんでご覧ください。

三つ折りチラシ (PDFファイル/1.11MB)

関連リンク

「わが家の結いタイム」について

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)