ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > 市政情報 > 市政 > 各種計画 > 環境モデル都市・飯田 > 環境モデル都市行動計画の概要

環境モデル都市行動計画の概要

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年5月16日更新

温室効果ガス排出割合2013

 

 

 

 

 

 

2030年までの目標(中期目標)

 家庭部門でのCO2排出量を2005年の排出量から40~50%削減します。

2050年の目標(長期目標)

 地域全体のCO2排出量を2005年の排出量から70%削減します。

「おひさま」と「もり」のエネルギーを最大限活用

 太陽エネルギーなどの利用を促進します。また、太陽熱、木質ペレットによる熱を広範囲にわたって供給するシステムを作ります。

建築物の省エネ化

 飯田の風土に配慮した省エネ型の建物の普及を図ります。

地球温暖化防止の視点を加えた森林整備、木材利用

 地域の木材(建築材やペレット、薪など)を地域全体に普及したり、エネルギーに利用推進できるような仕組みを作り、森林整備を進めます。

環境にやさしい乗り物への乗換えを推進

 電気自動車、電動自転車、公共交通の利用を促進します。

産業界との連携

 地域ぐるみ環境ISO研究会など、産業界と連携しながらCO2削減活動を推進します。

低炭素社会へ向かうための意識啓発

 一人一人が何をするべきかを地域全体で共有するため、市民の皆さんとともに考え、行動します。

   → 第2次飯田市環境モデル都市行動計画(平成26年4月1日) (PDFファイル/1.18MB)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)