ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

マイクロ水力発電実証事業見学会を行いました

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年3月12日更新

 伊賀良井取り入れ口付近で、マイクロ水力発電実証事業見学会を実施しました。

 市では、総務省から「定住自立圏等推進調査事業」の採択を受け、地元工業界が、(公財)南信州・飯田産業センターと連携しながら共同して開発したマイクロ水力発電機「すいじん」によって、中山間地域の重要な社会インフラである農業用水路を活用したマイクロ水力発電事業を、地域住民が主体となって取り組む可能性について検討しています。

 妙琴浄水場内において、許可水利権を得ている伊賀良井取り入れ口付近に「すいじん」を設置し、その性能実験を行っています。平成26年3月12日に、県地方事務所等及び下伊那郡町村担当者で構成する小水力発電事業導入促進研究会や報道機関に対して、見学会を行いました。

 今回の実証を踏まえ、適地の選定から発電機の設置工事、運営といった、住民主体の事業化までの総合的な支援を、すいじんプロジェクトに関わる地域の事業者が行えるシステムを構築し、市内および南信州定住自立圏へとマイクロ水力発電ビジネスを展開し、新たな環境産業の創出による南信州定住自立圏の活力の創出を目指していきます。

水の流れで発電した電力で白熱球が10個点灯しています。  伊賀良井取り入れ口に設置されたマイクロ水力発電設備と関係者

川下からみた実証実験用マイクロ水力発電設備の様子