ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ごみの出し方
ごみ集積所に出せないもの
大型・大量のごみが出た場合
3Rの推進(リデュース・リユース・リサイクル)
資源物回収をされる団体へ
飯田市最終処分場(埋立ごみの埋め立て地)
ごみに関する計画及び状況
不法投棄の防止、ごみの野焼きの禁止
ごみ焼却処理施設(燃やすごみの焼却場)
稲葉クリーンセンターへの移行に伴うごみ分別内容等の変更

生ごみ処理機器購入費補助制度

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年9月1日更新

生ごみ処理機器の購入費用の一部を補助します

家庭から出る生ごみの減量化と資源化のため、生ごみ処理機器を購入した世帯主に対して、購入費用の一部を補助します。

平成25年度より、生ごみ処理機器購入費補助制度が一部改正され、過去に交付があった世帯の方でも、前回の交付から7年以上経過した方については、2回目の購入にも購入費用の一部を補助します。また、従来4,000円となっていた対象機器の購入費用の下限を撤廃しました。
コンポストについては、2台1組での補助を基本としますが、1台のみを購入した場合についても、購入費用の一部を補助します。

平成29年9月1日からは、飯田市の全世帯が補助制度の対象となります。現在、庭や畑へ設置するタイプの製品だけでなく、屋内で使用できる製品が多く販売されています。気軽に生ごみの減量化や資源化ができるようになっていますので、生ごみ処理機器をご購入の際は、「生ごみ処理機器購入費補助制度」をご活用ください。

1 補助対象者

 飯田市内で、生ごみ処理機器を購入し利用する世帯主

2 補助対象機器

 電動式生ごみ処理機器、コンポストなど

3 補助金額

 機器の購入に要した費用の1/2(上限20,000円)。千円未満の端数が生じた場合は、切り捨てになります。購入費用に付属品代は含みません。

4 申請に必要なもの

(1)初めて申請をされる場合

  • 領収書(原本)  購入者の氏名、メーカー、機種、販売店名、販売店の代表者印が明記してあるもの
  • 保証書のコピー(電動式の機種のみ) 「製造番号」等が確認できるメーカーが発行した保証書のコピー
  • 住民票の写し 申請者及びその世帯に属するもの全員に関する事項が記載された住民票の写し
  • 振込先がわかるもの(預貯金通帳等) 補助金の振込先の金融機関名・口座番号等が分かるもの
  • 印鑑(三文判、認印)

(2)過去に補助金交付を受けた世帯の方(前回交付決定日から7年以上経過し、平成25年4月1日以降に機器を購入された方)で、申請をされる場合

  • 4(1)で示したすべての書類
  • 前回交付を受けた日付を確認できる書類(交付決定通知、納付証明書等)※

 ※ 確認できる書類のない方は、市役所環境課・各自治振興センター窓口にて、交付状況を確認する申請書をご提出ください。所定の手続き後、環境課から郵送文書にて回答いたします。過去に交付を受け、申請される方は、郵送された書類をご提出ください。

5 申請方法

 購入日から一年以内に、市役所環境課・各自治振興センター窓口にて申請書を記入し、申請に必要な書類(4で示した書類)と一緒に提出してください。

6 2回目の申請について

 平成24年度までは、補助金の交付は1世帯1回まででしたが、平成25年度から、以前本制度により、補助金の交付決定を受けた世帯の方も補助金交付申請ができるようになりました。
 ただし、対象者は前回の交付決定日から7年が経過している世帯の世帯主、補助対象となる機器は平成25年4月1日以降に購入された機器、となります。ご注意ください。