ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

妊娠届

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年10月1日更新

妊娠届について

妊娠が確認されたら、なるべく早く妊娠の届出をしてください

  • 妊娠届は、市役所本庁舎 保健課で受け付けています。
  • 届出の用紙は、妊娠を診断された産婦人科医院等でいただくか、届出窓口にも用意してあります。また、以下のファイルをダウンロードしてお使いいただけます。

   妊娠届出書 (PDFファイル/108KB)

母子健康手帳の交付 ~すべての妊婦さんに保健師がお会いしてお渡しします~

  • 妊娠は病気ではないというものの、お母さんの体や心に与える影響は大きいものです。妊娠がわかり楽しみな反面、気になることや不安・心配事をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。市では、安心して出産、子育てが迎えられるよう、保健師がすべての妊婦の皆さんとお会いして母子健康手帳の交付をさせていただきたいと考えています。心配なことがありましたら、お気軽にご相談ください。

受付窓口と時間

受付窓口:飯田市役所本庁舎 1階A9窓口(保健課 健康推進係)

受付時間:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分まで(祝日・年末年始を除く)

 

※母子健康手帳の交付には、20分程度かかります。時間に余裕をもってお出かけください。
 

持ち物について(身元と個人番号(マイナンバー)の確認)

●妊婦さん本人が届出をする場合

 

●代理の方(妊婦さん以外)が届出をする場合

  • 妊娠届出書
  • 妊婦さんの個人番号(マイナンバー)を確認できる書類
  • 代理の方の身分証明書
  • 委任の事実が確認できる書類(委任状または妊婦さん本人の健康保険証等)

 

妊婦一般健康診査受診票について

 飯田市では、すべての妊婦さんが安心して安全に出産できるよう支援するため、母子健康手帳の交付とあわせて、妊婦健診を受けられる受診票(基本健診14枚、追加検査5枚、超音波検査4枚)を交付しています。
 妊婦健康診査を受けていただく際に、医療機関等でご使用ください。

  • 妊婦健診にかかった費用をすべて負担するものではありません。受診の際、医師が必要とする定期外の妊婦健診や検査、治療については自己負担になります。
  • 受診票は、飯田市内の医療機関だけでなく、県内全域で使用することができます。

県外で妊婦健診を受診する方へ

 里帰り等により県外で妊婦健診を受診する場合は、委託契約または償還払いによって補助をします。医療機関等によって対応が異なりますので、事前に保健課健康推進係までご相談ください。

  • 飯田市と委託契約のできる医療機関等であれば、飯田市の受診票を使用することができます。契約の手続きの都合上、受診日が決まりましたら早めにご連絡をお願いします。
  • 委託契約ができない場合や、すでに受診をされた場合は、領収書等の必要書類を添えて申請していただくことで、自己負担した費用の一部を返金(償還払い)します。

転入・転出をされる方へ

 妊婦一般健康診査受診票は、受診日に住民登録のある市町村で発行されたものを利用していただくことになっています。

  • 飯田市へ転入される方は、新たに飯田市の受診票を交付しますので、転入手続き時にお申し出ください。
  • 飯田市から転出される方は、転入後の市町村へお問い合わせください。

お問い合わせ先

保健課 健康推進係 (内線 5512・5513)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)