ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

施工パッケージ型積算方式の適用について

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年4月1日更新

 飯田市では、平成27年10月1日以降に発注公告を行う土木工事(ただし、農政・林務事業は除く)について、「施工パッケージ型積算方式」を適用します。
 また、上水道事業は、平成28年4月1日以降に発注を行う工事について、一部の単価の算出に当たり、「施工パッケージ型積算方式」を適用しています。
 設計図書及び特記仕様書をご確認ください。

【施工パッケージ型積算方式とは】  
 国土交通省が受注者、発注者双方の積算労力の低減、価格設定の明確化や契約価格の透明性向上を目的に、平成24年10月から試行運用を開始し、平成25年4月から本格運用を始めた新しい積算方式です。

 【関連リンク】
 
長野県ホームページ(「長野県建設工事等設計単価」・「積算基準及び標準歩掛」の公表について)(外部リンク)