ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > 市政情報 > 市政 > プレスリリース > いいだ食育 > 「家族でチャレンジ!ファミリークッキング」を開催しました

「家族でチャレンジ!ファミリークッキング」を開催しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年6月19日更新

毎年6月は食育月間、毎月19日は食育の日です。

 食育月間に合わせて6月10日(土曜日)に、「家族でチャレンジ!ファミリークッキング」 を開催しました。

目的

「家族でチャレンジ! ファミリークッキング」は、地域健康ケア計画2017重点プロジェクトの「共食を柱とした食育の充実」に向けた取り組みとして、子どもから高齢者までの多世代を対象に飯田の食文化を伝承する機会を提供するために行われました。
 また、食について家族で考え、一緒に料理を作ることにより、家族の対話やふれあいの時間を持ち、共食の機会を増やす取り組みとしました。

参加者

  16家族、37名の参加がありました。内、小学生以下のお子さんは21名参加されました。
  参加者は、申込順とさせていただきました。   

今日の献立

  • おかかのふりかけごはん
  • 肉団子のコクうまスープ
  • 粉豆腐の玉子とじ
  • かみかみサラダ
  • きら☆りんゼリー
    今回は飯田の郷土食材である、粉豆腐を使って玉子とじを作りました。また、野菜とりんごジュースは飯田下伊那産を使いました。

作り方の説明の後に、かつおだしの取り方をデモンストレーション!!

献立説明    かつおだしデモ

      献立説明             かつおだしの取り方に興味深々

 さぁ!!調理開始です。

調理開始 ゼリー作り お母さんと一緒に    

やってみたら・・・ 肉団子に集中 ゼリーの盛り付け

 各班に1名ずつ6名の食生活改善推進員さんが講師として入ってくださいました。

出来上がり♪ 牧野市長と遠山保健課長と一緒に「いただきます!」

出来上がり 市長挨拶 いただきます

試食の様子 試食の様子 みんなで!!

参加者の感想

  • 親子でゆっくりと料理ができて、よい機会でした。
  • 子どもの成長が見られました。意外と自分から料理をしてくれていて、助かりました。
  • 子ども主体で、普段家ではできない事もやらせてあげられて有り難かったです。
  • 初めて会ったみなさんと協力して、話しながら楽しく作ることができて良かったです。
  • 食べたことのない組み合わせの食材で料理ができ、おいしかったです。
  • たまねぎを切って涙が出たけれど、いろんな野菜を切るのが楽しかったです。
  • お母さん大変さが良く分かった。

飯田市食生活改善推進協議会では、随時会員を募集しています。

 問い合わせ先は、飯田市 保健課(りんご庁舎) 22-4511(内線5305) 食育担当まで