ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > ワーキングホリデー飯田 > 2016年 春のワーキングホリデーを開催しました

2016年 春のワーキングホリデーを開催しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年5月27日更新

今年も、春のワーキングホリデーを開催しました。

第1回目は4月29日(金曜日)から、第2回目は5月5日(木曜日)からの3泊4日の日程で募集したところ、

この前後の期間も合わせて、のべ80名の皆さんが20戸ほどの農家さんへ援農にお越しいただきました。

りんごの花

春先から気温の高い日が多く、果樹の花の生育が早かった今年。いつもより作業の進みも早くなり、

地区によっては、第1回目の日程の時期にりんごの摘花はほぼ終わりという農家さんもありました。

りんごの摘果

りんごの摘果2

受入農家さんからは「毎年この時期は、手がいくらあっても足りないくらい。とても助かっています。」
との声が聞かれました。

摘花作業

りんごの摘花作業をされた方は、「親指の爪で首を折る作業は初めてで新鮮だった。」

「ひとつの枝を終えるのに時間がかかったが、樹に触れられて楽しかった。」とおっしゃっていました。

ご夫婦で援農

これまでに春・秋を通して10回近く参加されているご夫婦は、作業に入られた農家のお子さんが、ちょうど

ご自分のお孫さんと同じくらいの年とのこと。会話も弾み農家さんとの交流も深められたようです。

 

ようこそ飯田へおいでなんしょ

春のワーキングホリデーでは、参加者さんと農家さんとの交流を深めるため、

開催期間の3日目に交流会を開催しています。

交流会の様子

今回は初めに、参加いただいた方と、受入れ農家さんのそれぞれから、ご感想などを発表いただきました。

期間中はそれぞれの農家へ分泊をしていますが、同じ参加機をもったボランティアさん同士、お話しが弾んで
いました。

交流会の楽しみは、地元の食材を活かしたお料理。

恒例の信州大そばの打ちたて、茹でたてのお蕎麦の他に、この地域の味として昔から親しまれている、五平餅(外部リンク)

おたぐり(外部リンク)(馬の腸をじっくり煮込んだもの)もご用意しました。

 

今年の春のワーキングホリデー期間中は晴天に恵まれ、絶好の農作業日和となりました。

ご参加いただいた皆さん、大変お疲れさまでした。

圃場からの眺め

これから、まだまだ農作業も忙しい時期が続きます。

今後もワーキングホリデー飯田への参加を心よりお待ちしております。