ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 結い[UI]ターン > Iターンし、クライミングジムを開業!(Iターン・伊原さん)
結い[UI]ターン

Iターンし、クライミングジムを開業!(Iターン・伊原さん)

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年3月30日更新

伊原さんご一家
伊原さんご一家

クライミングジム・ダンボはこの看板が目印
クライミングジム・ダンボはこの看板が目印

Iターンで飯田市に来られた伊原さんにお聞きしました。

移住者氏名

 伊原白峰さん、都さん

移住年月

 2014年3月

年代

 30代

家族構成

 夫婦、子ども2人

職業

 クライミングジム経営

移住までの経緯・概要

神奈川県に住んでいましたが、夫婦とも岩登りが好きで、将来はクライミングジムをやりたいという希望がありました。いろんな候補地の中で、環境を考え、飯田で事業をすることに決めました。
   クライミングジム・ダンボ(飯田市鼎名古熊2182-1) http://www.dumbo-iida.com/(外部リンク)

きっかけ

子どもができたことを機に、自然豊かなところで子育てをしたいと思うようになったことです。実際に来てからも、南信州の自然を満喫しています。

よかったこと・苦労したこと

よかったことは、子どもがのびのび遊べる環境があること。また、野菜がおいしいこと。苦労したことは、まず事業所と住まいを見つけること。事業所は不動産屋さんを通じて、住まいは野外保育を行っている「野あそび保育みっけ」(飯田市)でできた友人に紹介してもらって見つけました。近所づきあいの中に入っていくことがこれからの課題かな、と思っています。野菜をもらうなどの交流はできています。移住者同士の交流があり、生活の中に溶け込んでいます。

移住を検討している方へのメッセージ

子育て中ということもありますが、生きることに時間をかけて向き合うことができます。みそやしょうゆなどの手作りを楽しんだり近所を散歩したり。収入は減りましたが、節約をしながら生活できています。生活の中で無いものは無いなりに楽しめます。必要なものは店舗やインターネットで手に入ります。飯田の周辺は岩場が多く、遊びには困りません。一方で都会を離れてみて、都会の良さを感じることもあります。でも敢えて戻りたいとは思わないですね。いろんなところに住んで、その土地ごとの良さがあることを知りました。
飯田では田舎すぎず、都会すぎない環境で、移住者同士のつながりも心強いと思っています。

クライミングジム・ダンボの営業時間

住所:長野県長野県飯田市鼎名古熊2182−1 
電話/Fax:0265-24-2763
営業時間:月・水・金 13:00~22:00
      その他の曜日 10:00~22:00
定休日:不定休(ホームページ参照)

室内1
クライミング愛好家が日夜集まります。

室内2
三歳でものぼれちゃうよ!

クライミングジム・ダンボの場所(地図参照)