ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > 市政情報 > 市政 > 職員人事・給与 > 定員適正化計画(第6次)を策定しました。(H27.9 一部改訂)

定員適正化計画(第6次)を策定しました。(H27.9 一部改訂)

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年6月18日更新

飯田市定員適正化計画(第6次)

飯田市定員適正化計画(第6次:平成23年4月1日~平成29年4月1日)

 飯田市においては、南信州定住自立圏の中心市として担うべき役割も多く、またリニア中央新幹線整備計画の進展等による新たな行政需要の増加も見込まれますが、かつてのような国の下支えを期待できる状況にない中では、行政に求められる役割、責務は、常に最小の経費で最大の効果を上げる形で果たしていかなければなりません。
 そこで、より効率的で効果的な執行体制の確立を図ることを目的に、今後の当市職員の定員管理について、これまでの実績を踏まえた上で第6次定員適正化計画を策定しました。

1 本計画期間における定員適正化の目標

 平成23年4月1日現在の市立病院(病院、介護老人保健施設及び土地開発公社派遣)を除いた総職員数820人を、平成29年4月1日時点で800人以下(△2.4%相当)とします。

2 臨時・非常勤職員の総数管理について

 臨時・非常勤職員数のうち、市立病院を除いた平成23年4月1日現在の総数は682人となっている。これを、平成29年4月1日時点で660人以下(△3.2%相当)とします。

関連ファイル

飯田市定員適正化計画(第6次) (PDFファイル/452KB) 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)