ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

生活保護制度

印刷用ページを表示する 掲載日:2008年4月17日更新

生活保護制度についてご案内します。

 生活保護制度は、生活に困っている方が、一日も早く自分自身の力で生活できるように、国が定める最低生活費に満たない不足分を生活保護費として扶助しながら、その世帯の自立を支援する制度です。

 生活保護は、生活に困っている方が申請することができ、生活保護費は、生活に困っている方自らが、活用できるあらゆる能力や資産を生活費に充てるよう努力してもなお、国が定める最低生活費に満たない収入しか得られないと認められる場合に支給されます。

 生活保護費には、生活扶助、医療扶助、教育扶助、住宅扶助、介護扶助などがあり、該当する世帯の状況に応じて必要な金額が決定されます。

 申請された場合、また受給後は随時、生活保護制度が正しく運用されるために、資産や収入状況の把握、扶養義務者への扶養調査などを行うことになります。

 お困りの際はお気軽に、福祉課生活福祉係へご相談ください。