ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 長寿支援課 > 「高額医療・高額介護合算療養費制度」について

「高額医療・高額介護合算療養費制度」について

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年12月1日更新

介護保険と医療保険はそれぞれ世帯単位で負担限度額(介護保険では利用者負担上限額)が決められており、それを超える額を自己負担していた場合は、申請により、医療保険は高額療養費、介護保険は高額介護(予防)サービス費が支給されています。

これらの額を差し引いてもなお、自己負担額が「高額医療・高額介護合算療養費制度」で定められた限度額を超える場合、申請により超えた部分が支給される制度です。

対象者の方には、申請書をお送りいたします。

 

対象者の要件

 ・医療保険(国民健康保険・被用者保険・後期高齢者医療等)と介護保険の両方に自己負担があるとき

 ・自己負担額と高額医療・高額介護合算制度で定められた限度額との差額が500円以上のとき

 ※医療保険分の食事代、差額ベッド代等、介護保険分の食事代、居住費等は対象外となります

 ※同一世帯内であっても、対象年度の7月31日現在加入の医療保険ごとに計算します

 

対象期間

  毎年、8月1日から翌年7月31日までの1年間

 

自己負担限度額

 (1)70歳未満の方

国民健康保険被保険者所得
(基礎控除後の総所得金額等)
被用者保険被保険者
(月の標準報酬月額等)
限 度 額
平成26年8月~
平成27年7月
平成27年8月
以降
901万円超83万円以上176万円212万円
600万円超901万円以下53万円以上83万円未満135万円141万円
210万円超600万円以下28万円以上53万円未満67万円67万円
210万円以下28万円未満63万円60万円
住民税非課税世帯34万円34万円

2)70歳から74歳までの方、後期高齢者医療保険の方

所得区分

限度額

現役並み所得者

67万円

一般

56万円

低所得者2

31万円

低所得者1

19万円

 

申請窓口 

 保健課、長寿支援課、各自治振興センター、市民証明コーナー(りんご庁舎内)

 

申請時の注意点

 ・対象期間中に、転出、転入をされた方や医療保険が変わられた方は、飯田市の窓口のほか転入前の市町村や、以前加入していた医療保険の窓口へのお手続きが必要になります(詳しくは以下お問い合わせ先にお尋ねください。)。

 ・福祉医療受給者が、高額医療・高額介護合算療養費の支給を受けられた場合、すでに支給済みの福祉医療費を返還していただきます。

お問い合わせ先

 飯田市役所 保健課 医療給付係 Tel0265-22-4511 内線5525

 飯田市役所 保健課 国保係 Tel0265-22-4511 内線5522

 飯田市役所 長寿支援課 介護保険係 Tel0265-22-4511 内線5763