ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

介護保険の福祉用具貸与

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年4月1日更新

福祉用具をレンタルする時に参考にしてください

 介護保険でレンタルできる福祉用具の種類は、要介護度により原則決まっています。
 ※軽度者等に対する福祉用具貸与の関係書類は、関連リンク先の「介護保険に関する業者向け情報」からご覧ください。

サービス利用料の目安

 借りるのにかかった費用の1割が利用料となります。(実際の費用に応じて異なります。)

要支援1・2、要介護1の方がリースできる福祉用具の種類

対象種目

  • 手すり(工事を伴わないもの)
  • スロープ(工事を伴わないもの)
  • 歩行器
  • 歩行補助つえ

 ※軽度者(要支援1・2、要介護1)に対する対象外種目の福祉用具貸与参照

要介護2~要介護5の方がリースできる福祉用具の種類

対象種目

  • 車いす
  • 車いす付属品(クッションまたはパッド、電動補助装置など)
  • 特殊寝台
  • 特殊寝台付属品(サイドレール、マットレスなど)
  • 床ずれ防止用具(エアーマットなど)
  • 体位交換器
  • 認知症老人徘徊感知機器
  • 移動用リフト(つり具部分を除く)
  • 手すり(工事を伴わないもの)
  • スロープ(工事を伴わないもの)
  • 歩行器
  • 歩行補助つえ

 以下は要介護4・5の方が原則利用可能です。

  • 自動排泄処理装置(交換部品、消費品など除く)

軽度者(要支援1・2、要介護1)に対する対象外種目の福祉用具貸与

 介護保険制度における福祉用具貸与では、要支援1・2、要介護1の方について、その状態像から使用が想定しにくい種目は、保険給付の対象外となっていまが、種目ごとに必要性が認められる一定の状態にある人については、保険給付の対象として福祉用具貸与が行われる場合があります。

対象種目 

  • 車いす
  • 車いす付属品(クッションまたはパッド、電動補助装置など)
  • 特殊寝台
  • 特殊寝台付属品(サイドレール、マットレスなど)
  • 床ずれ防止用具(エアーマットなど)
  • 体位交換器
  • 認知症老人徘徊感知機器
  • 移動用リフト(つり具部分を除く)

 以下は要介護2・3の方も原則対象外品目となります。

  • 自動排泄処理装置(交換部品、消費品など除く)

関連リンク

介護保険に関する業者向け情報