ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > 福祉・介護 > 高齢者 > 介護保険制度の概要について
ホーム > 分類でさがす > 事業者向け情報 > 産業 > 福祉関係 > 介護保険制度の概要について

介護保険制度の概要について

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年9月20日更新

介護保険のしくみ

 介護保険は市が運営主体(保険者)となり、高齢者の介護を社会全体で支え合う制度です。40歳以上の方が加入者(被保険者)として保険料を納めていただき、介護や支援が必要となった場合に介護保険のサービスを利用できるしくみです。40歳から64歳までの方は医療保険制度で、65歳以上の方は市で算定した保険料を納めていただきます。

介護保険制度のサービスを利用するには

総合事業のサービス(介護予防・生活支援サービス事業)を利用する場合

 基本チェックリストを受け、事業対象者と認定されることが必要です。地域包括支援センターへご相談ください。

介護保険のサービスを利用する場合

 要介護(要支援)認定が必要です。申請窓口は、長寿支援課・各自治振興センターです。認定調査・審査会を経て認定結果が出ます。結果によって利用できるサービスの上限や種類が異なります。

在宅で介護保険のサービスを利用する場合

 サービス計画が必要です。要介護の方は介護支援事業者、要支援の方は地域包括支援センターへご相談ください。

施設への入所を希望する場合

 直接施設への申し込みが必要です。なお南信州広域連合へ申し込む特別養護老人ホームへの申込書提出窓口は長寿支援課になります。

サービスの利用と利用料

総合事業のサービスを利用する場合

 自己負担は1回あたりの定額になります。

総合事業で利用できるサービス

  • 訪問型サービスA(緩和された基準による訪問介護)
  • 通所型サービスA(緩和された基準によるデイサービス)
  • 通所型サービスB(住民主体による予防教室)
  • 通所型サービスC(短期間集中の予防教室)

介護保険のサービスを利用する場合

 原則かかった費用のうち1割、2割または3割が自己負担となり、残りの9割、8割または7割を保険で負担します。一定以上所得がある方は自己負担が2割または3割となります。

介護保険で利用できるサービス

 要支援1・2、要介護1~5と認定された方は、次の介護保険のサービスが受けられます。サービスによってはサービスの利用料(1割、2割または3割)の他に、居住費(滞在費)、食費等が必要になります。

在宅サービス

  • 訪問介護(ホームヘルプ)
  • 訪問入浴介護
  • 訪問看護
  • 訪問リハビリテーション
  • 居宅療養管理指導
  • 通所介護(デイサービス)
  • 通所リハビリテーション(デイケア)
  • 短期入所生活介護(ショートステイ)
  • 短期入所療養介護(ショートステイ)
  • 特定施設入居者生活介護(有料老人ホーム、養護老人ホーム、経費老人ホーム)
  • 福祉用具貸与(福祉用具のレンタル)
  • 特定福祉用具販売 ※1
  • 住宅改修 ※1

 ※1 費用は一旦全額自己負担となり、後日利用者負担分を除いた額が支払われます。

施設サービス(要支援1・2と認定された方は施設への入所はできません。)

  • 介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム) ※2
  • 介護老人保健施設(老健)
  • 介護療養型医療施設
  • 介護医療院 ※3

 ※2 平成27年4月より新規入所者は原則要介護3以上となりました。

 ※3 現在飯田市では提供事業者のないサービスです。

地域密着型サービス(原則飯田市民の方しか利用できません。)

  • 定期巡回・随時対応型訪問介護看護 ※4
  • 夜間対応型訪問介護 ※4
  • 地域密着型通所介護
  • 認知症対応型通所介護
  • 小規模多機能型居宅介護
  • 認知症対応型共同生活介護(グループホーム)
  • 地域密着型特定施設入居者生活介護
  • 地域密着型介護老人福祉施設入居者生活介護(小規模特別養護老人ホーム) ※5
  • 看護小規模多機能型居宅介護(複合型サービスから名称変更) ※4

 ※4 現在飯田市では提供事業者のないサービスです。

 ※5 平成27年4月より新規入所者は原則要介護3以上となりました。