ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

授乳・育児相談

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年1月1日更新

平成28年7月から、授乳・育児相談助成事業がはじまりました

「わからない」や「はじめて」の毎日が少しでもホッとできますように赤ちゃんを抱っこするお母さん

妊娠、出産、おめでとうございます。産後、授乳や育児に関してお困りのことはありませんか?

  • 「母乳をうまく飲ませられない。赤ちゃんが吸ってくれているかわからない。」
  • 「飲ませてもすぐ泣く!ずっと吸っている!どのくらいミルクを足したらいいの?」
  • 「おっぱいを吸わせると痛い!つまった!急にしこりができた!張ってしまったらどうしたらいいの?」
  • 「赤ちゃんの体重は増えているのかなあ?ちゃんと育っているか心配。」
  • 「抱っこしていないと赤ちゃんが寝てくれない!」
  • 「卒乳はいつ、どのようにしたらいいの?」
  • 「産後疲れやすい」「産後の健康について」

特に出産して間もない頃には様々な悩みがでてくることと思います。
そのような時、医療機関や助産所で助産師の相談を受けることができます。
飯田市ではその費用の一部を助成します。

助成対象者

  • 平成28年4月1日以降に出産された飯田市に住所のあるお母さん(出産後1年以内)
  • 1人あたり2枚の助成券を交付します。

 ※ 市外へ転出された場合は、助成券が利用できなくなります。

助成券の交付方法

平成28年7月から、妊娠届(転入による妊娠届も含む)の際に、母子健康手帳、妊婦一般健康診査受診票とあわせて交付します。

ただし、当面の間は、以下の方については郵送で交付します。

  • 平成28年4月から6月の間に出産された方
  • 平成28年6月までに妊娠届を提出済みで、平成28年7月以降に出産された方
  • 平成28年7月以降に転入し、平成28年4月以降の出産、かつ出産後1年未満の方(申し出による)

利用方法

  • 相談1回につき助成券1枚が利用できます。
  • 助成額は券1枚あたり2,000円で、助成額を超える費用は自己負担になります。
  • 券が利用できる施設に事前に予約をして、ご利用ください。
  • 利用期限は出産日から1年以内です。

利用できる施設

利用可能施設一覧(予約制)

 

施 設 名

助産師名

住所

電話番号

業務時間

特記事項

ホームページ
医療機関飯田市立病院八幡町4380265-21-1255

月~金曜日
8時30分~17時15分

※原則として、特に医療が必要な方のみ

飯田市立病院(外部リンク)

下伊那赤十字病院

松川町元大島3159-1

0265-36-2255

月~金曜日
9時00分~16時00分

※当日予約可

下伊那赤十字病院(外部リンク)

開業助産所

たひら母乳
育児相談室

田平秀子

下久堅小林814

0265-29-7332

月~土曜日
9時00分~16時30分

※緊急時は業務時間外または定休日でも対応可

 

バースコンダクター・楽育
(出張専門)

今村信子

三日市場1317-8

090-8329-7466

0265-25-9202
(自宅)

不定休
9時00分~18時00分

※緊急時は業務時間外または定休日でも対応可

バースコンダクター・楽育 - 施設を持たない出張専門助産院(外部リンク)

よしみ助産院

村松佳美

立石710

090-8326-7045

月~金、日曜日
9時00分~18時00分

※緊急時は業務時間外または定休日でも対応可

よしみ助産院 - 妊娠・出産(自宅分娩)・育児支援ホーム(外部リンク)

はぎもと助産院

萩元聡子

八幡町593-1
おんたけコーポ
A-7号室
(平成28年6月に鼎から移転)

090-7288-4135

(※業務時間外
 の緊急時は
090-2652-4162)

月~金曜日
9時00分~17時00分

※緊急時は業務時間外または定休日でも対応可

はぎもと(萩元)助産院(外部リンク)

サンフラワー助産院

岡島文惠

鼎上山1521-1

080-1405-5282

月~木、土曜日
9時30分~16時30分

※緊急時は業務時間外または定休日でも対応可

 

 

お問い合わせ先

保健課 健康推進係 (内線 5513)