ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > 税・保険・国民年金 > 国民健康保険 > 国民健康保険の退職者医療制度をご存知ですか

国民健康保険の退職者医療制度をご存知ですか

印刷用ページを表示する 掲載日:2009年3月12日更新

国民健康保険の退職者医療制度

国民健康保険の退職者医療制度についてご説明します

 この制度で病院にかかる人の医療費は、本人の自己負担分以外は国保税と各医療保険者が出し合う「拠出金」によってまかなわれます。退職者医療制度の対象となる人が一般国保のままで受診されると、本来「拠出金」から支払われるべき医療費も国保の負担となってしまいます。国民健康保険の適正な運営のためにも、退職者医療制度の対象となる方は、必ず手続きをお願いします。

 ※この制度は平成20年4月の医療制度改革に伴って廃止となり、平成26年度末までの経過措置期間が終了したため、平成27年度以降の新規適用はありません。ただし、平成26年度末までの対象者で、この制度に該当になることが判明した場合は適用し、65歳到達までは資格が継続されます。

 対象となるのは、次の2つの条件を満たしている方とその被扶養者です。

  1. 国民健康保険に加入していること
  2. 厚生年金や共済年金の受給権のある方で、年金に20年以上または、40歳以降10年以上加入していた方。
    ※退職本人に該当されるのは60歳~64歳の方です。
    ※退職被扶養者に該当されるのは64歳までの方です。

申請に必要な書類等

  • 国民健康保険証
  • 年金証書
  • 印鑑

 手続きの窓口

飯田市役所 

保健課 平日午前8時30分~午後5時15分
証明書発行窓口 平日午後5時15分~午後7時00分  土曜午前8時30分~午後5時15分

各自治振興センター

平日 午前8時30分~午後5時15分

りんご庁舎内市民証明コーナー

平日 午前8時30分~午後5時15分