ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > 税・保険・国民年金 > 国民健康保険 > ジェネリック医薬品を正しく利用しましょう

ジェネリック医薬品を正しく利用しましょう

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年11月19日更新

 後発医薬品(ジェネリック医薬品)は、先発医薬品と治療学的に同等であるものとして製造販売が承認され、一般的に、開発費用が安く抑えられることから、先発医薬品に比べて薬価が安くなっています。

ジェネリック医薬品を選ぶことは、薬代を低く抑え、自己負担額の節約や、伸びつづける医療費の削減も期待できます。

 しかし、個人の症状や病状などから、医師や薬剤師の判断でジェネリック医薬品に変更できない場合があります。また、すべての薬にジェネリック医薬品があるとは限りませんので、まずは、かかりつけの医師や薬剤師にご相談ください。

詳細は以下リンク先を参考にしてください。

厚生労働省のジェネリック医薬品に関するサイト(外部リンク)

Q&A集(外部リンク)ジェネリック医薬品  (厚生労働省)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)