ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > 税・保険・国民年金 > 国民健康保険 > 医療費が高額になったとき(高額療養費の支給)

医療費が高額になったとき(高額療養費の支給)

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年8月1日更新

高額療養費の支給について

国民健康保険の高額療養費の支給について

 1ヶ月の自己負担額が限度額を超えたとき、その超えた金額が支給されます。なお、申請により、高額な入院医療費の窓口負担を軽減する「限度額認定証」を交付することができます。この認定証の提示により、入院したときの窓口負担は自己負担限度額になります。

70歳未満の方の自己負担限度額 ※所得区分は下記参照

所得区分 3回目まで多数該当の場合※1世帯合算※2
上位所得者252,600円
医療費が842,000円を超えた場合は、その超えた分の1%を加算
140,100円それぞれ21,000円以上
167,400円
医療費が558,000円を超えた場合は、その超えた分の1%を加算
93,000円
一般80,100円
医療費が267,000円を超えた場合は、その超えた分の1%を加算
44,400円
57,600円44,400円
市民税非課税世帯35,400円24,600円

※1 多数該当とは、過去12ヶ月間に4回以上高額療養費の該当になった場合のことです。
※2 世帯合算とは、一つの世帯で、同じ月内に21,000円以上の自己負担額を2回以上支払った場合、それらを合算して限度額を超えた場合のことです。

70歳以上75歳未満の方の自己負担限度額 ※所得区分は下記参照

所得区分外来の限度額入院がある場合の限度額
(世帯単位で計算)
多数該当の場合※2
現役並所得者57,600円80,100円
医療費が267,000円を超えた場合は、その超えた分の1%を加算
44,400円
一般14,000円 (年間上限14.4万円)57,600円44,400円
低所得者2※18,000円24,600円   ―
低所得者1※115,000円   ―

※1 低所得者1・2の方は、限度額適用・標準負担額減額認定証の申請ができますので、本庁か各自治振興センター・りんご庁舎市民証明コーナーで申請してください。
※2 多数該当とは、過去12ヶ月間に4回以上高額療養費の該当になった場合のことです。

所得区分について

所得区分 

現役並み所得者
(70~74歳)

同一世帯に市民税課税所得が145万円以上の70歳以上75歳未満の国保被保険者がいる方。
ただし、70歳以上75歳未満の国保被保険者の収入合計が、2人以上で520万円未満、1人で383万円未満の場合は、申請により「一般」の区分と同様。
また、平成27年1月以降新たに70歳となった国保被保険者のいる世帯のうち、課税所得額が210万円以下の場合は「一般」の区分と同様。

低所得者2
(70~74歳)
同一世帯の世帯主および国保被保険者が市民税非課税の方。(低所得者1以外の方)
低所得者1
(70~74歳)
同一世帯の世帯主および国保被保険者が市民税非課税で、その世帯の各所得が必要経費・控除を差し引いたとき0円になる方。
上位所得者ア課税所得額が901万円を超える世帯の方。
上位所得者イ課税所得額が600万円を超え901万円以下の世帯の方。
一般ウ課税所得額が210万円を超え600万円以下の世帯の方。
一般エ課税所得額が210万円以下の世帯の方。(市民税非課税世帯を除く)

  ※「課税所得額」とは、総所得金額から基礎控除33万円を控除した国民健康保険税の算定の基礎となる額です。

「限度額適用・標準負担額減額認定証」の申請について

お持ちいただくもの
  1. 国民健康保険証
  2. 世帯主および受診される方の個人番号がわかる書類
  3. 申請に来ていただく方の身分証明書
  4. 過去12ヶ月間の入院日数が確認できるもの(90日以上入院している場合)
    ※原則として、国民健康保険税に未納がない世帯に限り認定となります。
    ※70~74歳の方は、市民税非課税世帯の場合にのみ認定となります。

高額療養費支給申請書について

お持ちいただくもの
  1. 国民健康保険証
  2. 世帯主および受診された方の個人番号がわかる書類
  3. 申請に来ていただく方の身分証明書
  4. 印鑑(認め印で結構です)
  5. 領収書
  6. 預金通帳など振込先口座が分かるもの

高額療養費自己負担限度額の計算方法について

  1. 医療費は、月の1日から末日までを1ヶ月として計算します。
  2. 一つの病院・診療所ごとに計算します。
  3. 同じ病院・診療所でも、外来と入院は別計算です。
  4. 入院時の食事代や保険のきかない治療・差額ベッド代などは支給対象外です。
    ※70歳以上75歳未満の方は、病院、診療所、歯科等の区別なく合算します。

申請場所

飯田市役所

保健課 平日午前8時30分~午後5時15分
証明書発行窓口 平日午後5時15分~午後7時00分 土曜午前8時30分~午後5時15分

各自治振興センター

平日午前8時30分~午後5時15分

りんご庁舎内市民証明コーナー

平日午前8時30分~午後5時15分

関連ファイル

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)