ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > 健康・医療・生活 > 感染症・予防接種 > 特定B型肝炎ウイルス感染者給付金についてお知らせ

特定B型肝炎ウイルス感染者給付金についてお知らせ

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年6月2日更新

B型肝炎訴訟について(救済対象の方に給付金が支払われます)

過去の集団予防接種の際、注射器の連続使用が原因でB型肝炎ウイルスに感染した方には、国から給付金が支給される場合があります。
給付の対象になると思われる方は、厚生労働省の相談窓口へお問い合わせください。

対象となる方(救済要件)

以下の条件を満たす方  

○B型肝炎ウイルスに持続感染している方
○満7歳になるまでに集団予防接種を受けた方
○昭和23年7月1日から昭和63年1月27日までの間に、集団予防接種を受けた方
○集団予防接種以外の感染原因(母子感染、輸血等)がない方

 ※給付金対象者から母子(父子)感染している方や、給付金対象者の相続人も対象となります。

主な給付金の内容

病態に応じ最大3,600万円から50万円の給付

給付金を受け取るための手続き

救済要件を満たしていることと、病態を証明するため、必要な証拠を収集し、国を相手にして国家賠償請求訴訟を裁判所へ起こす必要があります。

電話相談窓口

厚生労働省【年末年始を除く平日9時00分~17時00分】
電話番号 03-3595-2252

詳しい情報

厚生労働省ホームぺージ B型肝炎訴訟(外部リンク)

B型肝炎ウイルスに感染しているかどうかを調べたい方は

飯田保健福祉事務所(保健所)(外部リンク)で検査ができます。

○ウイルス肝炎検査
 検査日 毎週水曜日  9時00分~12時00分  (要予約)
 飯田保健福祉事務所 電話番号0265-53-0444(直通)