ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > 住宅・交通 > 上下水道・浄化槽 > 下水道の引込管制度と低宅地排水ポンプ設備設置補助制度のご案内
ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > ライフステージ > 住まい > 下水道の引込管制度と低宅地排水ポンプ設備設置補助制度のご案内
ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > 住宅・交通 > 宅地分譲地 > 下水道の引込管制度と低宅地排水ポンプ設備設置補助制度のご案内

下水道の引込管制度と低宅地排水ポンプ設備設置補助制度のご案内

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年10月1日更新
引込管制度の例
   引込管制度の例

 引込管制度は公共下水道区域内、または特定環境保全公共下水道区域内で、下水管を3軒以上で設置するとき、低宅地排水ポンプ設備設置補助制度は宅地が低く排水ポンプを必要とする方への補助制度です。

引込管制度

 公共下水道へ接続するために、私道部分(一部公道を含む)に下水道管路を設置する場合については、原則として下水道を使用する皆さまが個人で工事を行っていただくことになっております。
 ただし、既存の住宅3戸以上の方が共同で位置指定道路等へ敷設する場合には、工事費の一部を負担することと、すぐに宅内を水洗化することを条件に、下水道課で下水道の工事を行います。(工事着手は、3戸以上の方が確認申請書を提出された後となります。)

 1戸当り負担額は次のようになります。

  • 10m以上70m未満の場合は、135,000円
  • 70m以上の場合は、135,000円+(70m超延長×50,000円)÷対象戸数

低宅地排水ポンプ設備設置補助制度

 お住いの土地が地形的に低く、汚水を自然流下することが出来ず、排水ポンプを設置して使用される方には、工事費の一部を補助します。

各制度の手続きについて

手続きについては指定工事店または、下水道課へご相談ください。