ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > 自然・環境 > 環境保全・公害 > 飲用井戸水水質検査について

飲用井戸水水質検査について

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年7月30日更新

年に一度とりまとめを行っています。実施時期は広報いいだ及び夏期に各地区で回覧される文書をご確認ください。

環境課では、ご家庭で飲料している井戸水が、飲用に適しているか否かを判定する水質検査を斡旋しています。
とりまとめが地区ごと異なることから、詳細は9月頃に各地区で回覧される文書をご覧ください。

検査項目 (内容、費用などは変更となることがあります)

  • 一般項目   (11項目の検査。飲用井戸等衛生対策要領の基本項目です。)
  • 有機溶剤項目(3項目の検査。精密機械工業、ドライクリーニング等において洗浄剤として使用され、発癌性が疑われている化学物質です。)
  • 農薬項目   (6項目の検査。飯田地方において使用量の多い農薬のうち、水質基準及び指針値の示されているものです。)
区 分検査費用(1検体あたり)補助金額
一般項目(11項目の検査)8,200円2,000円以内
有機溶剤項目(3項目の検査)8,600円2,000円以内
農薬項目(6項目の検査)32,800円5,500円以内

検査補助

給水区域外のお宅については飯田市で検査費用の一部を補助します。

(上水道または簡易水道の給水を行うことが物理的に困難と市が認めた場合)

飲用井戸等衛生対策要領

 長野県では「飲用井戸等衛生対策要領」を定め、設置者または管理者が井戸水を安全に飲用水として利用するための衛生管理についてお願いしています。
 飯田市では長野県の飲用井戸等衛生対策要領を準用しています。

飲用井戸等衛生対策要領 (PDFファイル/165KB)

関連リンク

 飲用井戸等の衛生管理について(長野県ウェブサイト)(外部リンク)

 貯水槽水道・飲用井戸情報(厚生労働省ウェブサイト)(外部リンク)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)