ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > 自然・環境 > 環境保全・公害 > 微小粒子状物質(PM2.5)の状況について

微小粒子状物質(PM2.5)の状況について

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年3月5日更新

測定値などは長野県ホームページでご覧いただけます

 長野県では、県内の大気汚染の状況を把握するため、大気常時監視測定局で大気汚染物質を常時監視し、その結果を県ホームページ「長野県の大気の状況」において公表しています。
 微小粒子状物質(PM2.5)についても、県下12地点において常時監視を行っていますが、このうち飯田市内に1測定局が設置されており、同様に県ホームページにおいて測定値が公表されています。
 長野県内の微小粒子状物質(PM2.5)を含む大気汚染物質の速報値の他、微小粒子状物質(PM2.5)についての説明、注意喚起のための情報に関する措置の基準や注意事項も掲載されていますので、下記リンク先よりご確認ください。
 また、国内の広域的な観測結果については、環境省大気汚染物質広域監視システム(そらまめ君) にてご確認いただけます。

注意喚起のための情報について

PM2.5の日平均値が70 μg/m3を超えるおそれがあるときは、長野県から注意喚起のための情報が発信されます。

注意喚起のための情報が発信された時は以下の点に注意してください。

  1. 不要不急の外出や屋外での長時間の運動をできるだけ控える。
  2. 屋外になるべく出ないようにし、屋内においても換気や窓の開閉を必要最小限にする。
  3. 屋外で活動する際には、高性能な防塵マスクを着用する。
  4. 体調変化が大きい場合にあっては医師の診察を受ける。

関連リンク

長野県微小粒子状物質(PM2.5)に関する注意喚起要綱(長野県)(外部リンク)

微小粒子状物質(PM2.5)の常時監視について(長野県)(外部リンク)

長野県の大気の状況(長野県)(外部リンク)

環境省大気汚染物質広域監視システム(そらまめ君) (外部リンク)