ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > 市政情報 > 市政 > プレスリリース > 自動運転と連動したVRコンテンツ体験の実証実験を実施します

自動運転と連動したVRコンテンツ体験の実証実験を実施します

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年10月24日更新

飯田市とKDDIでは地域活性化を目的とした包括協定を締結しました

飯田市(長野県飯田市、市長:牧野 光朗、以下 飯田市)と、KDDI株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:高橋 誠、以下 KDDI)は、2018年11月3日に飯田市で開催される「飯田丘のまちフェスティバル」にて、一般公道を自動運転車で実際に走行し、自動運転用の3Dマップと連動したVRコンテンツの視聴体験の実証実験(以下 本実証)を実施します。本実証において、自動運転車に乗車中に、VR機器を通して走行場所に合わせた観光情報が表示される体験について実証します。

なお、本実証はアイサンテクノロジー株式会社、株式会社ティアフォー、株式会社シナスタジアの協力のもと実施します。

あわせて、2018年10月24日に、飯田市とKDDIは地域活性化を目的に、XRや自動運転技術を活用する包括協定を締結しましたのでお知らせします。

詳細は添付プレスリリースをご確認ください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)