ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > 住宅・交通 > 道路・河川・公園 > 砂防法で指定された河川から20m以内の土地に工事をするときは

砂防法で指定された河川から20m以内の土地に工事をするときは

印刷用ページを表示する 掲載日:2009年9月28日更新

砂防法で指定された河川から20m以内の土地での工事は、許可手続きが必要です。

 砂防法で指定された河川から20m以内の土地に、建物を建てたり、工作物を設置したり、土地の形状を変える工事をする場合は、県知事に対して砂防法の許可手続きが必要になります。

 この手続きをする場合は、飯田市長の意見書が必要です。多くの場合、あわせて河川法の許可申請も必要となりますので、河川法の手続きと同時に砂防法の手続きをしてください。
 申請書は、位置図、平面図、縦横断図、構造図、公図、工事設計書、現場写真を添えて2部提出してください。
 用紙は、飯田建設事務所維持管理課と市役所建設管理課に用意してあります。
 また、砂防法の手続きと河川法の手続きを同時に行う場合は、添付書類を省略することができます。
 意見書の申請があってから交付するまでに、内容審査のためおおむね10日間ほど必要です。
 余裕をもって申請してください。

関連リンク

飯田建設事務所(外部リンク)

関連ファイル

砂防指定地内行為許可申請書 (Wordファイル/19KB)

河川法許可申請書 (Wordファイル/35KB)