ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > 防災・防犯 > 防災 > ブロック塀の安全対策について

ブロック塀の安全対策について

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年6月29日更新

ブロック塀の安全確認をお願いします

 ブロック塀は、私たちにとって重要な外構構造物として設置され、プライバシーの確保、防犯や防火などに役立っています。

 しかし、平成30年6月18日に発生した大阪府北部を震源とする地震では、ブロック塀が転倒したことにより、痛ましい事故が起きてしまいました。

 今後も通学路、避難路及び不特定多数の人々が通行する道路に面するブロック塀が倒壊した場合、通行人に危害を及ぼしたり、避難・救援活動の妨げになったりする可能性があります。 

 ブロック塀のような私的財産は、所有者の責任において管理することが基本です。

 今一度、ご自宅のブロック塀の安全について確認し、このような事故が起きないように日頃から備えることが大切です。  

既存ブロック塀の安全確認

 下記の点検表を使って点検をしてみましょう!

ブロック塀安全点検表 (Excelファイル/22KB)

ブロック塀安全点検表 (PDFファイル/70KB)

(Excelファイルが文字化けする場合は、PDFファイルをお使いください)

 既存のブロック塀が傾いたり、ぐらついたり、ひび割れたりしている場合は建築の専門家、施工業者やブロック塀診断士に相談していただき、不良な箇所を修繕するなどの対策を講じましょう。

 ((財)日本エクステリア建設業協会に登録している飯田市内のブロック塀診断士)

○小木曽 雅孝氏 (エクステリア工房 羽場赤坂2028-89 Tel:0265-56-1988)

 既存ブロック塀の安全確認については、(社)全国建築コンクリートブロック工業会のホームページなどでも詳しく紹介されています。 

(社)全国建築コンクリートブロック工業会のホームページはこちら

http://www.jcba-jp.com/block/index.htm (外部リンク)

補強コンクリートブロック造の塀に関する規定(建築基準法施行令第62条の8抜粋)

1.高さは、2.2m以下とすること

2.壁の厚さは、15cm(高さ2m以下の塀は10cm)以上とすること

3.壁のてっぺん及び基礎には横方向に、塀の端部及びかどには縦方向に、それぞれ径9mm以上の鉄筋を配置すること

4.壁の中には、径9mm以上の鉄筋を縦横に80cm以下の間隔で配置すること

5.長さ3.4m以下ごとに、塀の支えとなる控壁を設置すること。控壁は、直径9mm以上の鉄筋を配置し、基礎の部分は、壁面からの高さ1/5以上突出したものを設けること

6.鉄筋の末端はかぎ状に折り曲げて、鉄筋は塀の壁のてっぺんと基礎の横筋に、横筋はこれらの縦筋に、それぞれかぎ掛けして定着すること

7.基礎の高さは、35cm以上とし、地面からの深さは30cm以上とすること

※これらに該当しないブロック塀に関しては、国土交通大臣が定める基準に従って構造計算により安全性を確かめる必要があります。

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)