ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > 市政情報 > やらまいか提言 > 安全で安心できる生活 > 【提言】通学路の安全対策について

【提言】通学路の安全対策について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年2月17日更新

やらまいか提言箱にいただいた提案内容と回答を紹介します

提言

 子どもが市内の小学校に通っています。
 毎日通る通学路のなかには、通勤時間帯ということもあって、狭い道路なのにスピードを出している車が多く、児童の列へ車が突っ込むのではないかとヒヤヒヤしています。
 子ども達を守ってもらえるようにガードレールを設置してほしいですが、なかなか難しいと思いますので、時間帯で一方通行規制にするとか、目の錯覚で速度を落とさせるよう道路にペイントをするなどの対策を考えていただきたいです。
 また、小学校付近の横断歩道を止まらない車も多いので、子どもたちがなかなか渡れないことがあります。
 このような問題は飯田市全体の問題で、すべてを解決していくのが大変だと感じていますが、子ども達の命が失われてからでは遅いですし、交通事故は命にかかわらなくても加害者、被害者ともに人生を変えてしまいます。ご考慮いただけたらと思います。

市からの回答

 この度は、通学路の安全対策についてご意見をいただきありがとうございます。
 通学路の安全対策は、各地区、警察署、道路管理者である長野県や飯田市などが連携して取り組んでいます。
 いただきましたご意見は、該当する学校へ内容をお伝えし、PTA内で協議した後、具体的な対策を要望することとなった場合は、地区のまちづくり委員会へ相談するよう依頼しました。
 各地区まちづくり委員会から、通学路の安全対策として道路管理者などへ提出された要望は、飯田国道事務所、飯田建設事務所、飯田警察署、飯田市などの関係機関で構成する通学路安全検討委員会で協議して、各機関で対策を行うこととしています。
 また、ご意見のうち小学校付近の横断歩道については、学校教職員による登校時の見守りや下校時の児童の付添いなど、児童の安全確保に向けた取組を引き続き実施します。

※ このご提言は、「各課への質問」としてお受けしたものですが、ご提言者がウェブサイト上での公開を希望されたため公開します。回答は教育委員会 学校教育課が回答したものです。

ご案内

回答の担当課 教育委員会 学校教育課