ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

【提言】りんごんを再考してほしい

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年5月2日更新

やらまいか提言箱にいただいた提案内容と回答を紹介します

提言

 人形劇との共催だけでなく、仮装を取り入れると楽しいと思います。
 童話キャラクターの仮装コンテストや、仮装して人形劇を見に行くと特典があるなど、踊りが古いので今時要素を取り入れるよう、再考してほしいです。

市からの回答

 この度は、やらまいか提言「りんごんの再考」についてご意見をいただき、ありがとうございました。
 飯田りんごんの踊りは、正調おどりを基本としていますが、アレンジして踊る「アレンジ部門」や仮装して踊る「コスチューム部門」、調和のとれた踊りに贈られる「調和賞」などを設け、いろんな形で楽しんでもらえるようにしています。
 一般の参加だけでなく、小学生や中学生の参加も増えており、りんごん大賞や部門賞を目指して踊りを練習し、当日は「ほいおいなー」の掛け声の下、楽しく踊る姿が大変印象的です。
 また、参加者の中には、基本である正調おどりを大切にしたいという意見もあり、まつりの最後には全員で正調おどりを踊る時間も設けています。
 飯田りんごんは、市民の皆さんが作り上げるおまつりで、企画の段階から市民の皆さんが参加しています。市民会議では活発な意見交換があり、時代とともにおまつりのスタイルも変化してきました。
 ご提言の内容は市民会議で参考にさせていただき、これからもりんごんが市民のまつりとして盛り上がれるよう考えてまいります。

  回答の担当課

観光課