ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > 市政情報 > やらまいか提言 > 市民サービスの向上 > 【提言】職員態度(接遇や言葉遣い)について

【提言】職員態度(接遇や言葉遣い)について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年6月19日更新

やらまいか提言箱にいただいた提案内容と回答を紹介します

提言

 廊下などですれ違っても挨拶をしない職員が多いです。市民には進んであいさつしてほしいと感じています。
 休憩時間に、パソコンでインターネットをしている職員もいるのではないでしょうか。備品であることをわきまえてほしいです。
 支所(自治振興センター)は、8時30分にならないと開所しない施設もあるようです。市役所の施設であるなら、それよりも前から開庁していてほしいです。
 また、飯田の方言での対応で悲しい思いをしました。標準語での対応するよう心掛けてください。

市からの回答

 この度は、やらまいか提言で「職員態度(接遇や言葉遣い)」についてご意見をお寄せいただきありがとうございました。
 職員の接遇対応につきましては、接遇向上のためのガイドラインを設けるとともに、積極的なあいさつなどを含めた全職員コンシェルジュ宣言により市民の皆様への対応に心がけているところです。
 ご指摘いただいた不十分な点については、本庁舎はもちろんのこと出先機関含めて引き続き、接遇向上及び服務規律の徹底を図ってまいりますので、ご理解賜りますようお願い申し上げます。
 また、方言での対応で悲しい思いをされたとのこと、申し訳なく思っております。
 お客様の中には、飯田の方言で言葉づかいが優しく感じたという方もおいでになることから、それぞれ窓口での対応に関して、使い方をわきまえた対応とするよう心掛けてまいります。

  回答の担当課

人事課