ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

【提言】マルチシートの捨て方について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年7月5日更新

やらまいか提言箱にいただいた提案内容と回答を紹介します

提言

平成29年9月からの燃やすごみの出し方変更で、畑などで使っているマルチシートも燃やすごみとして出せるのでしょうか。

市からの回答

 この度は、やらまいか提言「マルチシートの捨て方」についてご意見をいただき、ありがとうございました。

 マルチシートは、家庭菜園で使用していたものか、農業(事業活動)で使用していたものかによって排出方法が変わりま す。使用していた状況をご確認いただき、次のいずれかの方法で排出してください。

(1)家庭菜園(収穫した作物を出荷または販売していない)で使用していた場合
 ・平成29年9月以降、マルチシートは燃やすごみの区分となります。
  燃やすごみ指定ごみ袋へ入れて1回に3つまでを限度に排出いただくか、稲葉クリーンセンターへ自らお持ち込みください。 (稲葉クリーンセンターの窓口でごみ処理手数料をご負担いただきます。)
 ・平成29年8月までは、埋立ごみの区分となります。
  埋立ごみ指定ごみ袋へ入れて1回に3つまでを限度に排出いただくか、飯田市最終処分場へ自らお持ち込みください。
  (飯田市最終処分場の窓口でごみ処理手数料をご負担いただきます。)

(2)農業(事業活動)で使用していた場合
 ・事業活動に伴って発生したごみであるマルチシートは産業廃棄物に該当するため、廃棄物の処理及び清掃に関する法律に従 い、事業主自らの責任で適正に処理しなければなりません。
  農協へご相談をいただくか、産業廃棄物を処理できる業者へお持ち込みください。
  業者は、職業別電話帳の「廃棄物処理(産業廃棄物)」、または長野県ホームページの「産業廃棄物処理業者名簿」から処 理に関する許可を有する業者を選んでください。
  ※事業活動に伴って発生したマルチシートは、ごみ集積所へ排出できません。
   また、飯田市最終処分場や焼却場での受け入れはできません。

この提言は各課への問い合わせとして提出されたものですが、ウェブへの掲載を希望されたため、担当課の回答を掲載してあります。

  回答の担当課

環境課