ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

【提言】恒川清水の再生について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年9月11日更新

やらまいか提言箱にいただいた提案内容と回答を紹介します

提言

 来るリニア開通にむけて滞在型観光を視野に入れながら、文化を核とした魅力あるまちづくりが有効と考えます。
 人々の生活と長年結び付いてきた「恒川清水」は、かつての文化を伝えるものになっていません。
 そこで恒川清水の調査研究を進め、リニア開通までに復活させてほしいです。

市からの回答

 この度は、やらまいか提言「恒川清水の再生」についてのご提言をいただき、ありがとうございました。
 恒川清水は、平成26年3月に「史跡恒川官衙遺跡」の一部として国史跡に指定され、飯田市では平成28年3月に、史跡の保存継承や今後の整備・活用の方針を示す「保存活用計画」を策定しました。
 現在、史跡整備の基本方針を定める「整備基本計画」の検討と、整備に必要な情報をさらに把握するための発掘調査を行っています。
 恒川清水は、郡衙に関連する祭祀空間の場でありますが、現在でも信仰の場として継承されており、後世に伝えるべき大切な資産であると捉えています。
 整備にあたっては、現状の区画を生かして、水を湛えた景観を復元することを優先的に取り組む方向で検討しています。
 恒川清水を含む「史跡恒川官衙遺跡」の利活用においては、地域の多様な文化資産との一体的な活用が史跡恒川官衙遺跡の魅力を高めるものと考えており、今後も、こうした点を踏まえ「史跡恒川官衙遺跡整備基本計画」の検討を進めてまいります。

ご案内

回答の担当課  生涯学習・スポーツ課