ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > 防災・防犯 > 防犯・交通安全 > 交通指導員による酒気帯び運転事案について
ホーム > 分類でさがす > 市政情報 > 市政 > プレスリリース > 交通指導員による酒気帯び運転事案について

交通指導員による酒気帯び運転事案について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年3月20日更新

交通指導員による酒気帯び運転事案について

このことについて、当市の非常勤特別職である交通指導員の公務外による酒気帯び運転事案が発生しました。市民をはじめとした多くの皆さまにお詫びします。今後このようなことが発生しないよう再発防止に努めます。

【内容】

1 発生日時  平成29年3月5日(日曜日)午前0時30分頃

2 発生場所  飯田市宮の前の市道上

3 当事者    飯田市交通指導員(非常勤特別職) 市内在住・男性(69歳)(任期:平成28年4月1日から平成30年3月31日)

4 概要      この場所で軽トラックを運転中、交通取り締まり中の飯田警察署員に酒気帯び運転の疑いで検挙されたもの。

5 その他    本人の願いにより、平成29年3月17日付け辞職

6 今後の再発防止策

(1)臨時の交通指導員会を22日夕刻より開催し、事案の再発防止に向けた意識共有及び一層の

綱紀粛清を図る。

(2)今後における地道な啓発や街頭での交通安全活動を通じて交通指導員に対する地域の信頼

回復に努める。

(3)従前から実施している交通指導員に対する交通法規や街頭指導方法等に加え、法令遵守の

為の更なる研修機会の充実を図る。

※参考 非常勤特別職とは

 特別職とは、地方公務員法第3条第3項で定める者

(具体的には、議員、各種委員、消防団員のほか、臨時または非常勤の顧問、参与、調査員、嘱託員及びこれらの者に準ずる者など。交通指導員は第3号に該当し、飯田市交通安全条例第4条及び飯田市交通指導員規則において定めてある。)

 

 

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)