ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > 防災・防犯 > 防災 > 飯田市防災情報 災害に備えて 飯田市の地震被害想定 調査の目的

飯田市防災情報 災害に備えて 飯田市の地震被害想定 調査の目的

印刷用ページを表示する 掲載日:2008年4月18日更新

調査の目的

 地域防災計画の見直しに先立ち、南信州広域連合の構成市町村が共同し、飯伊地域に大規模な地震が発生した場合の被害量の予測を行いました。

 平成7年1月17日に発生した「阪神・淡路大震災」(兵庫県南部地震)は、私たちの記憶に残るところです。もしも、同規模の地震が飯田市を襲ったらどうなるかを考えておくことはとても重要なことです。
 地震は風水害と違い、発生の予測が困難であり、大きな地震ほど災害初期における被害状況がつかみにくいとされ、救援活動等が立ち後れることも考えられるます。したがって、あらかじめ想定される被害量を予測し、応急対策を検討することが重要になります。
 地域防災計画の見直しに先立ち、南信州広域連合(旧飯伊広域行政組合)の構成市町村と共同で、飯伊地域に将来大規模な地震が発生した場合の被害量の予測を行いました。その結果の概要についてお知らせします。