ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > 教育 > 歴史・風土 > 『飯田市歴史研究所年報12』を刊行しました
ホーム > 分類でさがす > 市政情報 > 市が発行した刊行物 > 郷土史関連 > 『飯田市歴史研究所年報12』を刊行しました
ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > 教育 > 学習情報 > 『飯田市歴史研究所年報12』を刊行しました

『飯田市歴史研究所年報12』を刊行しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年8月21日更新

飯田市歴史研究所年報12(Annual Bulletin of The Iida City Institute of Historical Research)

 年報12表 年報12裏

 地域史研究集会の記録、飯田・下伊那をフィールドとした研究論文などを盛り込み、毎年発行しています。

 最新号「年報12」は、平成25年度の第11回飯田市地域史研究集会「古代の交通と地方社会―イナ・シナノとその周辺―」を中心に、地域史研究の成果を収録しています。

飯田市歴史研究所年報12

 飯田市歴史研究所編/飯田市教育委員会発行
 2014年、271頁、B5判、定価1800円

内容

特集 「古代の交通と地方社会―イナ・シナノとその周辺―」
  •  日本古代社会における交通と地方社会 (加藤友康)
  •  文献史料にみる甲斐と信濃 (海老沼真治)
  •  上野国多胡碑にみる「交通」 (磐下徹)
  •  美濃坂本駅の衰退と信濃園原の成立 (中里信之)
  •  伊那郡における交通路と地域結合 (北村安裕)
  •  コメント 伊那谷南部の弥生時代後半から古墳時代前半の交流と交通路 (市澤英利)
小特集 「平沢清人没後40周年ワークショップ―平沢史学を学び直す―」
  •  平沢史学における百姓一揆と小前騒動 (深谷克己)
  •  平沢史学から学ぶ下伊那地域研究 (吉田ゆり子)
  •  平沢清人氏の人と地域史研究 (伊坪達郎)
  •  コメント 父 平沢清人のこと (関佐紀子)
  •  コメント 平沢清人先生・里子夫人に学ぶ (齊藤俊江)
論文
  •  高度成長期地域社会における高齢化と家族の変容 (安岡健一) 
研究ノート
  • 千村家飯田代官市岡家の身分と職分 (小野歩実)
  • 17世紀後半における飯田藩と京都 (千葉拓真)
  • 大正期飯田町の都市問題と行財政 (田中雅孝)
  • 満州移民の引揚げ後の経済と生活 (湯本麻矢・大栗行昭)
史料紹介
  • 『清内路村報』―村報と満州移民の時代― (本島和人)
新刊案内
歴史研究所新刊紹介
研究活動助成成果報告
歴史研究所 2013年度の記録ほか

問い合わせ

 飯田市歴史研究所
 電話0265‐53‐4670

 年報1~11号については詳細ページがありますので、下記のリンクよりご覧ください。

関連リンク

歴史研究所年報1~12号

飯田市歴史研究所の出版物