ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > 教育 > 生涯学習・講習 > 「地域史(川路)ゼミ」開講のご案内
ホーム > 分類でさがす > イベント情報 > イベント情報 > 学級・講座・教室 > 「地域史(川路)ゼミ」開講のご案内

「地域史(川路)ゼミ」開講のご案内

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年4月10日更新

「地域史(川路)ゼミ」開講のご案内

 歴史研究所では、平成29年度5月10日(水曜日)より「地域史(川路)ゼミ」を開講します。

地域史(川路)ゼミ

  • 日時 毎月第2・4水曜日 午後6時30分~午後9時00分
  • 場所 川路公民館 2階視聴覚室 (飯田市川路2363 ) 
  • 担当 羽田 真也 (研究員)  

 ※受講料は不要です。
 ※参加をご希望の方は歴史研究所までお申し込みください。

第1回(説明会)

  • 日時 5月10日(水曜日) 午後6時30分~午後9時00分
  • 場所 川路公民館 2階視聴覚室 (飯田市川路2363 )

お申し込み・お問い合わせ

 飯田市歴史研究所
 電話 0265‐53‐4670
 Fax 0265-21-1173

川路に残る江戸時代の古文書を一緒に整理し読みませんか

川路の文書 川路で見つかった文書
左:元禄6(1693)年「下川路村本田検地帳」
右:宝暦5(1755)年「御吟味ニ付申上候覚」天竜川の堰などをめぐる下川路村・時俣(又)村と今田村の争いに関する文書

 川路自治振興センターにある蔵には、近世(江戸時代)の下川路村文書が2,500点以上残されています。
 たとえば、18世紀半ばにおこった、天竜川の堰などをめぐる下川路村、時俣(又)村と今田村との争いに関する文書など、興味深いものがたくさんあります。これらは、かつて川路に生きた人びとの姿を示す貴重な資料です。
 30年以上前の『川路村誌』編さんの際に整理が行われていますが、再整理を行い、保存処置を施すことが必要です。そこで、市民のみなさんと一緒に整理作業を進めながら、古文書を読んでいく地域史(川路)ゼミを企画しました。古文書の整理方法と解読を基礎から学び、川路の歴史をみんなで考える場にしたいと思います。

関連リンク

 飯田市歴史研究所の催し物

 歴研ニュース最新号

 旧川路村 行政文書整理・調査

関連ファイル

 歴研ゼミナール「地域史(川路)ゼミ」チラシ (PDFファイル/2.6MB)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)