ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > 市政情報 > 市政 > 選挙 > 不在者投票制度のあらまし

不在者投票制度のあらまし

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年9月1日更新
  1. 飯田市の選挙人名簿に登録されている方で、仕事や旅行などで、選挙期間中、飯田市以外の市区町村に滞在している方は、滞在先の市区町村の選挙管理委員会にて不在者投票ができます。
  2. 選挙期間中、都道府県選挙管理委員会が指定する病院等に入院(所)している方は、その施設内で不在者投票ができます。 →手続きはこちらをご覧ください。
  3. 身体に障がい等があり、投票日に投票所へ出向くことが難しい方は、選挙管理委員会から「郵便等投票証明書」の交付を受けることを条件に、郵便による不在者投票ができます。→手続きはこちらをご覧ください。

それぞれの手続きについては、以下をごらんください

1.飯田市以外の滞在先市区町村の選挙管理委員会における不在者投票の手続

(1)投票用紙等の請求

飯田市選挙管理委員会に、選挙人自ら、直接または郵便等で、投票用紙など必要な書類を請求します。なお、ファックスやEメールによる請求はできません。

請求先 〒395-8501 長野県飯田市大久保町2534 飯田市選挙管理委員会事務局

宣誓書兼請求書 (PDFファイル/86KB)

(2)投票用紙等の郵送、不在者投票

選挙人は、飯田市選挙管理委員会から簡易書留等で郵送交付された投票用紙などを持って、最寄りの市区町村の選挙管理委員会に出向きます。

(3)投票用紙の送致

不在者投票を行った市区町村の選挙管理委員会から、飯田市選挙管理委員会に投票用紙が送られます。

手続きにあたってご注意いただくこと

不在者投票した投票用紙は、投票日の投票所閉鎖時刻までに飯田市の投票所へ到着しなければなりません。郵送には日数がかかる場合がありますので、投票用紙の請求や投票の手続はお早めにお願いします。
なお、投票用紙受領ののち、都合により投票できなかった場合は、必ずその投票用紙等を飯田市選挙管理委員会まで返送してください。

2.指定病院等における不在者投票(選挙期間中に入院・入所されている場合)の手続

都道府県選挙管理委員会が不在者投票のために指定した病院や老人ホームなどの施設に入院・入所されている方は、その病院等で不在者投票ができます。投票用紙の請求は、選挙人自ら行うこともできますが、施設に申し出ていただければ施設の担当者が代理で行うことができます。お早目に施設の事務室などに投票したい旨お申し出ください。

飯田市内の「指定病院等」は指定施設 (Excelファイル/29KB)をご覧ください。

3.郵便等による不在者投票(身体に障がい等があり、投票所へ出向くことが難しい場合)の手続

郵便等による不在者投票ができる方

対象者

障害名等

障害の程度(等級)

身体障害者手帳

両下肢、体幹、移動機能

1級・2級

心臓、じん臓、呼吸器、ぼうこう、直腸、小腸

1級・3級

免疫、肝臓

1級・2級・3級

戦傷病者手帳

両下肢、体幹

特別項症から第2項症まで

心臓、じん臓、呼吸器、ぼうこう、直腸、小腸、肝臓

特別項症から第3項症まで

介護保険の被保険者証

要介護状態区分が要介護5

これらに該当する場合は、以下の手続きにより郵便等による不在者投票ができます。

(1)郵便等投票証明書の交付申請

あらかじめ、飯田市選挙管理委員会に対し、郵便等投票証明書の交付を受けることが必要です。この申請は、選挙期間でなくても行えます。選挙間際に申請しても間に合わない場合がありますので、申請はお早めに済ませておいてください。

請求先 〒395-8501 長野県飯田市大久保町2534 飯田市選挙管理委員会事務局

郵便等投票証明書交付申請書 (PDFファイル/53KB)

申請にあたっては、障害の程度などが確認できる書類の写し(コピー)を添えてください。また、申請書の氏名欄は、投票する選挙人本人が自署しなければなりません。

(2)投票用紙等の請求

飯田市選挙管理委員会に、選挙人自ら、直接または郵便等で、投票用紙など必要な書類を請求します。なお、ファックスやEメールによる請求はできません。

宣誓書兼請求書 (PDFファイル/86KB)

(3)投票用紙等の郵送

飯田市選挙管理委員会から、請求のあった選挙人に対し、簡易書留等で投票用紙などを郵送交付します。

(4)投票用紙等の返送

交付された投票用紙に選挙人本人が自署し、郵送で投票用紙を飯田市選挙管理委員会に返送します。

手続きにあたってご注意いただくこと

 不在者投票した投票用紙は、投票日の投票所閉鎖時刻までに飯田市の投票所へ到着しなければなりません。郵送には日数がかかる場合がありますので、投票用紙の請求や投票の手続きはお早めにお願いします。
なお、投票用紙受領ののち、都合により投票できなかった場合は、必ずその投票用紙等を飯田市選挙管理委員会まで返送してください。
また、投票用紙の請求、投票などは、必ず選挙人本人が自署してください。

郵便等による不在者投票での代理記載制度

郵便等による不在者投票ができる方のうち、さらに以下に該当する場合は、代理記載制度をご利用いただくことができます。

対象者

障害名

等級等

身体障害者手帳

上肢、視覚

1級

戦傷病者手帳

上肢、視覚

特別項症から第2項症まで

(1)代理記載人の届出

事前に飯田市選挙管理委員会に対し、選挙人が代理記載人の届出を行ってください。この届出は、本人が自署しなくても行うことができます。また、代理記載人となることの同意書兼宣誓書、郵便等投票証明書の交付申請もご提出いただきます。

代理記載人の届出書 (PDFファイル/50KB)

代理記載人となることの同意書兼宣誓書 (PDFファイル/40KB)

代理記載による郵便等投票証明書交付申請書 (PDFファイル/57KB)

(2)投票用紙等の請求

飯田市選挙管理委員会に、代理記載により、郵便等で、投票用紙など必要な書類を請求します。なお、ファックスやEメールによる請求はできません。

宣誓書兼請求書 (PDFファイル/86KB)

(3)投票用紙等の郵送

飯田市選挙管理委員会から、請求のあった選挙人に対し、簡易書留等で投票用紙などを郵送交付します。

(4)投票用紙等の返送

交付された投票用紙に代理記載人が記載し、郵送で投票用紙を飯田市選挙管理委員会に返送します。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)