ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > 市政情報 > 市政 > 選挙 > 転入・転出されるみなさまへ(長野県知事選挙の投票について)
ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > 戸籍・住民票 > 住民票 > 転入・転出されるみなさまへ(長野県知事選挙の投票について)

転入・転出されるみなさまへ(長野県知事選挙の投票について)

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年4月19日更新

長野県知事選挙の投票について(転出・転入されるみなさまへ)

平成30年8月5日(日曜日)は、長野県知事選挙の投票日です。

この選挙で投票できるのは、県内の市町村の選挙人名簿に登録されている方です。
今までお住いの市町村から転出し、県内の他の市町村へ転入された方は、転出・転入の時期によって、投票できる場所が異なりますので、以下の表をご覧いただき、お間違えのないようにしてください。

旧住所地(選挙人名簿に登録されている住所地)で投票の場合、旧住所地にいかなくても、事前に投票用紙を取り寄せるなど所定の手続きをお取りいただければ、新住所地で「不在者投票」ができますので、棄権せずに投票しましょう。

なお、旧住所地での投票や新住所地で不在者投票の場合には、市町村長が発行する証明書(注意1)の提示等により、引き続き長野県内に住所を有することの確認を受ける必要があります。

(注意1)証明書とは、「引き続き県内に住所を有する旨の証明書」をいい、最寄りの市町村で交付を受けることができます。

区 分届出の日投票場所・選挙権の有無
新住所地で投票できる旧住所地で投票できる投票できない

1.長野県内の市町村に転入届をされた方(2に該当する方を除く)

の都道府県から

転入された方

平成30年4月18日以前  
平成30年4月19日以後  

長野県内の他の市町村

から転入された方

平成30年4月18日以前  
平成30年4月19日以後 (注意2) 
区 分届出の日投票場所・選挙権の有無
新住所地で投票できる旧住所地で投票できる投票できない

2.知事選挙と同時に県議会議員補欠選挙が行われる選挙区(長野市選挙区、岡谷市諏訪郡下諏訪町選挙区)内の市町村に転入届をされた方

他の都道府県から

転入された方
 

平成30年4月26日以前(注意3)  
平成30年4月27日以後  

長野県内の他の市町村

から転入された方
 

平成30年4月26日以前(注意3)  
平成30年4月27日以後 (注意2) 

(注意2) 投票する際に、最寄りの市町村が発行する「引き続き長野県内に住所を有する旨の証明書」の提示等により、引き続き長野県内に住所を有することの確認を受ける必要があります。「期日前投票」を行う際も同様です。なお、旧住所地が県議会議員補欠選挙の行われる選挙区内である場合は、旧住所地で県議会議員補欠選挙(旧住所地の選挙区)の投票もできます。

(注意3)県議会議員補欠選挙(新住所地の選挙区)の投票もできます。
届出の日が平成30年4月19日から平成30年4月26日までの方が、期日前投票、不在者投票を行う場合は、最寄りの市町村選挙管理委員会におたずねください。

注意

  • 平成30年4月19日以後(県議会議員補欠選挙が行われる選挙区内の市町村に転入届をされた方は平成30年4月27日以後)、長野県内の市町村間で住所を異動された方は、旧住所地で投票を行うことになります。ただし、旧住所地の市町村の選挙人名簿に登録されていることが必要です。
  • 旧住所地で投票する際は、市町村長が発行する「引き続き長野県内に住所を有する旨の証明書」を提示すること等の方法により、引き続き長野県内に住所を有することの確認を受ける必要があります。この証明書は、最寄りの市役所、町村役場の市民課(住民課等)で交付を受けることができます。
  • 新住所地の市町村において長野県知事選挙以外の選挙が同日に行われる場合には、上記の表と異なる取り扱いとなることがあります。詳しくは、新住所地の市町村選挙管理委員会におたずねください。

関連ファイル

長野県知事選挙の投票について(お知らせ)~転出・転入されるみなさまへ~ (PDFファイル/193KB)

関連リンク

長野県ホームページ(外部リンク)

期日前投票

不在者投票とは

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)