ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > 税・保険・国民年金 > 国民年金 > 年金受給者が亡くなったときのお手続き

年金受給者が亡くなったときのお手続き

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年4月1日更新

未支給年金請求

 国民年金の受給者が亡くなられた時はお届けが必要です。
 亡くなった月分までの年金については、未支給年金として生計を同一にするご遺族が請求することで支給されます。

                                                                                     

未支給年金を請求できる遺族

 年金を受給していた方が亡くなった当時、その方と生計を同じくしていた、

 (1)配偶者 (2)子 (3)父母 (4)孫 (5)祖父母 (6)兄弟姉妹 (7)その他3親等内の親族 です。

 未支給年金を受け取れる順位もこのとおりです。

 

手続きの場所

 市役所国民年金窓口(A7)、りんご庁舎市民証明コーナー、各自治振興センター、請求者の住所地の年金事務所

 ※亡くなった方が厚生年金も受給されていた場合は、手続き先は年金事務所となります。お心当たりの方は年金事務所へお問い合わせください。

 

持ち物

 ・ 年金証書【亡くなった年金受給者】

 ・ 印鑑【請求されるご遺族】

 ・ 金融機関の通帳【請求されるご遺族】

 ・ 戸籍【亡くなった受給者と請求されるご遺族との身分関係が確認できるもの】

 ・ 住民票【亡くなった受給者と請求されるご遺族を含む世帯全員省略なしのもの、別世帯の場合はそれぞれのもの】

 ・ 生計同一関係申立書【別世帯の場合のみ】

 ※戸籍や住民票については、請求されるご遺族の関係や状況によって異なりますので、お出かけ前に市民課年金担当までお問い合わせください。

 

関連リンク

 日本年金機構ホームページ(外部リンク)

 

お問い合わせ

【市民課 市民窓口係 年金担当】 

 Tel:0265-22-4511 内線5428 5429  

【飯田年金事務所】

 Tel:0265-22-3641