ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > 市政情報 > 市政 > 庁舎建設 > 1月5日より新庁舎での業務を開始しました
ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > 施設案内 > 市役所 > 1月5日より新庁舎での業務を開始しました
ホーム > 分類でさがす > 市政情報 > 市役所と市議会の概要 > 庁舎案内 > 1月5日より新庁舎での業務を開始しました

1月5日より新庁舎での業務を開始しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年1月5日更新

 新庁舎が完成しました

市民に親しまれ、人にも環境にも優しい、安心安全な「まちづくりの拠点」となる庁舎を目指して、平成25年4月から新庁舎の建設工事を行ってきました。
平成26年12月末に完成を迎え、1月5日(月)より新庁舎での業務を開始しました。

新庁舎外観

新庁舎のご案内

 配置図

配置図

・窓口業務や執務を行うA棟と議会施設や危機管理センターのあるB棟に分かれています。
・新庁舎での業務開始後、現庁舎の耐震改修工事が始まるため、現庁舎側へは入れなくなります。
・建設部棟、水道環境棟は引き続き業務を行っていますので、ご用の方は新庁舎側からお回りください。
・旧教育委員会棟1階に売店が入り、仮店舗で営業を行います。


新庁舎フロア案内

フロアマップ

フロアマップ (PDFファイル/827KB)


新庁舎の機能と設備 

市民の暮らしと安全を守る防災拠点機能

 新庁舎は防災拠点としての耐震性を高めているほか、災害時でも庁舎の機能を維持するための様々な
 設備を整えています。

●平常時と災害時を供用したスペースの活用
 災害対策本部のほか、支援組織の活動スペースとして、危機管理センターに隣接する議場や、
 執務棟の委員会室を一体的に活用します。

危機管理センター
危機管理センター

●電源の確保
 自家用発電機(出力320kW・5日間連続運転可能)、最小非常用発電機(出力80kW)、UPSの設置。
 停電時に太陽光発電と蓄電池による電源を危機管理センターに供給します。

●情報通信機能の維持
 重要機器類の免震架台上への設置。

●給排水機能の確保
 受水槽、トイレ用洗浄水(井戸水利用)、非常用汚水槽(地下ピット内)の設置。

●地下防災倉庫の設置。

便利でわかりやすい市民サービス機能

りんご庁舎から福祉部門の窓口を移し、市民の利用が最も多い窓口業務をA棟1階に集約し、
ワンフロアでの窓口サービスを提供します。

窓口カウンター
1階市民課窓口

1階ロビー
色と番号により区分された窓口

●証明発行専用の窓口を設置し、住民票、印鑑証明書のほか、新たに所得証明、
 完納証明の発行を行います。

●平日夜間(午後7時まで)、土曜日(午前10時30分から午後7時)の証明書発行業務
 を行います。

●会計専用の窓口を設置し、市税や各種使用料のほか、募金等の収納を1か所で行います。

●パスポート窓口を設置します。(27年4月から)

●プライバシーに配慮した仕切のあるカウンター、相談室を設置しました。

●総合案内、コンシェルジュを配置し、来庁された方をご案内します。

誰もが使いやすい庁舎

誰もが使いやすい庁舎となるよう、庁舎内外の設備のバリアフリー化を図りました。

●多機能トイレを各階に配置しました。 1階南側、2階北側の多機能トイレは
 オストメイト対応です。

多機能トイレ

●子育て世代の親子が安心して来庁できるように、授乳室(A棟1階)を設置しました。

授乳室

●A棟3階に、風越山の見える休憩所「風越サロン」を設置しました。
 飲料の自動販売機がありますので市民の方もご利用ください。

風越サロン

●新庁舎玄関側に屋根付き駐車場を設置しました。障がいのある方や
 高齢者、妊娠中の方などはこちらをご利用ください。

屋根付き駐車場

●市民用WIFIフリースポット(A棟1階)、コインコピー機(A棟1階)、キッズコーナー(A棟1階)
 を設置します。
●銀行ATMコーナー(八十二銀行様、飯田信用金庫様、みなみ信州農協様)は新庁舎
 駐車場内に移設されます。
●郵便ポスト、公衆電話ボックスは、新庁舎玄関横に移設されます。

開かれた議会施設

市民に開かれた議会となるよう、議場は傍聴しやすい低層階の2階に配置しました。

●議場床面のフラット化により、災害対応や他の利用が可能となります。

議場

●車いす対応の傍聴席、聴覚障がい者に配慮した設備(磁気ループ)の設置しました。

傍聴席

●B棟1階に議会図書室、相談コーナーの設置しました。

環境配慮

建物の長寿命化、省エネルギー化、自然エネルギーの利用、周辺環境の保全などにより、
環境に配慮した庁舎としました。

●太陽光発電パネルの設置
 約17kWの発電量があり、平時は庁舎内に電気を供給し、停電時は
 危機管理センターに電気を供給します。

太陽光パネル

●地元産木材の利用
 カウンターや衝立、腰壁などに地元産のヒノキを使用しています。

地元産材の利用

●外断熱、断熱サッシの採用、日除けや外壁保護、メンテナンススペースとなる
 バルコニー設置しました。

バルコニー 

●LED照明器具を採用しました。光の入る窓側は自動調光により、
 さらに省エネルギーを図ります。

LED照明器具

●太陽光・風力発電による外灯を駐車場に設置しました。

太陽光風力発電外灯

●雨水タンクを設置し植栽の散水用に利用します。

雨水タンク


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)