ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

特殊詐欺非常事態宣言

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年5月29日更新

県民一丸となって、防ごう特殊詐欺

 長野県内では、今年に入り、株式の購入やロト6の当選番号やギャンブル必勝法の情報等をもちかける「もうかります詐欺」、
 名義貸しに絡み示談金等をだまし取る「支払え詐欺」、息子や孫をかたる「オレオレ詐欺」など、
 特殊詐欺による被害が後を絶ちません。

 4月末現在の認知件数は計62件、被害総額は既に4億円を突破しています。

 このため、長野県、長野県警察、市町村、長野県防犯協会連合会及び傘下の防犯ボランティア団体、
 そして県民が一丸となって、多発する特殊被害への警戒力を強化し、被害に歯止めをかけるため、
 「特殊被害非常事態宣言」を、長野県知事が平成26年5月23日に発令しました。

 また、特殊詐欺の被害にあいやすい高齢者などに対して、周囲の人が手口や対処方法を呼びかけることは
 被害防止に大変有効です。

 隣近所での声かけ、見守りにご協力をお願いします。

悪質商法はまず一本の電話から

  「かならず儲かる」と言う「うまい話」や、いらない商品を買わされた、また「オレオレ詐欺」などでお金を請求された、
  という被害があとをたちません。

  こういった悪質商法は、まず一本の電話から始まることがほとんどです。

  被害にあわないためには、あやしい電話には出ないことが一番ですので、
  電話機に留守番電話機能がついている場合には、設定をしましょう。

  【電話対策をしましょう】

  〇留守番電話設定
    相手を確認してから電話にでられます。

  〇ナンバーデイスプレイ
    相手の電話番号を確認してから電話に出られます。

  〇非通知電話拒否設定
    犯人の多くは番号非通知でかけてきます。

  〇特殊詐欺対策用機器
    専用機器があります。電気商業組合に相談してください。

次の言葉は詐欺と疑いましょう

  「トラブル解決のため、至急現金が必要」

  「必ず儲かる」

  「ロト6の当選番号を教える」

  「名義を貸してほしい」

  「レターパックや宅配便で現金を送れ」

  「損を取り返しましょう」

  簡単に儲かる話はありません。今までに実際に利得を得たというケースは一件もありません。
  特に、「時間がない」「早くしないと手遅れになる」と慌てさせる相手には注意しましょう。

一人で悩まず相談を

  とにかく相手は上手です。「まさか自分が」と思わないようにして下さい。

  信じる、思い込ませるために、いろいろな手口を使ってきます。

  「誰にも言わないで」などと、他人に相談できない心理状態にも追い込みます。
  「ばれたら大変なことになる」と心配する気持ちを逆手にとるのです。

  一人で考え込んだり、悩まないように、家族か友人、または当窓口へ相談しましょう。

  飯田市役所 男女共同参画課 消費生活係 0265-22-4560

  飯田警察署 0265-22-0110  長野県南信消費生活センター 0265-24-8058