ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > 消費生活情報 > 消費生活相談 > 身に覚えのない請求や訴訟の話には要注意!
ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > ライフステージ > 市民向け相談窓口 > 身に覚えのない請求や訴訟の話には要注意!
ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > 防災・防犯 > 防犯・交通安全 > 身に覚えのない請求や訴訟の話には要注意!

身に覚えのない請求や訴訟の話には要注意!

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年7月29日更新

まずはご相談ください!

 ハガキやメールなどで、身に覚えのない請求が来ることを「架空請求」と言います。

 内容はさまざまですが、受け取った相手を「驚かせる」「慌てさせる」文面となっている場合が多いのが特徴です。

 ・〇〇までに連絡がない場合は、差し押さえの手続きをとります。
 ・〇〇までにご入金がない場合は、訴訟をおこします。
 ・身辺調査をし弁護士を通して連絡します。
 ・連絡をいただけない場合は、裁判所からの呼び出しがあり、出廷してもらい給与もすべて差し押さえをします。

 などと、冷静な判断ができない状態にし、連絡をさせようとします。

 訴訟番号なるものが書かれている場合もあります。

 しかし、内容は何についての請求なのか漠然としているものがほとんどです。

 そのようなメールやハガキなどが届いたら、一人で悩んだり判断することのないよう、
 ご家族、ご友人、当窓口など、必ず誰かと相談をしてください。

 特に、届いたものに書いてある相手にすぐに連絡をしないようにしてください。
 「至急連絡ください」などと書いてあっても、絶対に連絡をせず、
 まずは、相談をしてください。

 誰かに相談をしてからでも決して遅くはありません。

 飯田市役所 消費生活係【0265-22-4560】
 長野県南信消費生活センター【0265-24-8058】
 飯田警察署【0265-22-0110】

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)