○飯田市空家環境整備補助金交付要綱

平成28年8月8日

告示第107号

(趣旨)

第1条 この要綱は、空家情報バンク制度の有効的な活用により、飯田市への定住を促進し、及び地域の活性化を図るため、空家情報バンクに登録された空家の所有者等に対し、当該空家に存する家財道具その他の物品を搬出し、若しくは処分し、又は当該空家を清掃するために要した費用について補助金を交付することに関し、補助金等交付規則(昭和45年飯田市規則第31号。以下「規則」という。)に定めるもののほか、必要な事項を定めるものとする。

(用語の定義)

第2条 この要綱において、次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。

(1) 空家 飯田市空家情報バンク制度実施要綱(平成28年飯田市告示第86号。以下「実施要綱」という。)第2条第2号に規定する空家情報バンクに登録されている空家をいう。

(2) 対象者 登録空家所有者等(実施要綱第3条第5項に規定する登録空家所有者等をいう。)で、市町村(特別区を含む。)に納付すべき税(以下「市税等」という。)を滞納していないものをいう。

(補助金の交付)

第3条 市長は、空家のうち初めて登録を受けた日から起算して2年を経過する日までに空家情報バンク制度(実施要綱第2条第3号に規定する空家情報バンク制度をいう。)を介して売却し、又は賃貸することとなったものに存する家財道具その他の物品の搬出若しくは処分又は当該空家の清掃(以下これらを「環境整備」という。)を実施する対象者(当該登録を受けた日から売買契約又は賃貸借契約を締結する日までの間に環境整備を実施した者を含む。)に対し、予算の範囲内において補助金を交付する。

2 前項に規定する環境整備は、飯田市の区域に本店又は主たる事務所若しくは事業所を有する事業者が行うものとする。

3 補助金の交付は、一の空家につき1回限りとする。

(補助金の額)

第4条 補助金の額は、環境整備に直接要した費用の額に2分の1を乗じて得た額とし、その額が10万円を超えるときは、10万円とする。この場合において、補助金の額に1,000円未満の端数が生じた場合は、当該端数を切り捨てた額を補助金の額とする。

(交付の申請)

第5条 規則第3条に規定する申請書は、飯田市空家環境整備補助金交付申請書(様式第1号)とし、同条の関係書類は、次に掲げるものとする。

(1) 環境整備に直接要する費用に係る見積書(内訳の明細及び施工業者の押印があるもの)の写し

(2) 環境整備を実施する前の空家の状態が分かる写真

(3) 補助を受けようとする空家に係る売買契約又は賃貸借契約に係る契約書の写し

(4) 補助金の交付を受けようとする対象者に係る最新の市税等を滞納していないことを証する書類

(5) 前各号に掲げるもののほか、市長が必要と認める書類

(申請内容の変更)

第6条 規則第6条の規定による通知を受けた者(以下「交付決定者」という。)は、規則第3条及び前条の規定により申請した環境整備の内容を変更しようとするとき、又は環境整備を中止し、若しくは廃止しようとするときは、飯田市空家環境整備変更(中止・廃止)承認申請書(様式第2号)を市長に提出し、その承認を受けなければならない。

(実施状況の確認)

第7条 市長は、補助金の交付を適正に執行するために必要と認めるときは、環境整備の実施の状況を確認することができる。

(請求)

第8条 交付決定者は、補助金の支払を請求しようとするときは、飯田市空家環境整備補助金交付請求書(様式第3号。以下「請求書」という。)を市長に提出することにより行うものとする。

2 請求書には、環境整備を実施したことを証する書類として、次に掲げる書類を添付するものとする。

(1) 環境整備に直接要した費用の支払に係る領収書(施工業者の押印があるもの)の写し

(2) 環境整備を実施した後の空家の状態が分かる写真

(3) 前2号に掲げるもののほか、市長が必要と認める書類

(実績報告書)

第9条 請求書は、規則第12条に規定する実績報告書を兼ねるものとする。

(補助金の額の確定)

第10条 規則第13条の規定による補助金の額の確定の通知は、書面により行うものとする。

(補則)

第11条 この要綱に定めるもののほか、補助金の交付について必要な事項は、市長が別に定める。

前 文(抄)(令和元年5月23日告示第25号)

告示の日から適用する。

画像

画像

画像

飯田市空家環境整備補助金交付要綱

平成28年8月8日 告示第107号

(令和元年5月23日施行)