ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 文化財保護いいだ > しなやかに舞う雌獅子の舞
お知らせ
指定文化財等の紹介
文化財関連施設
埋蔵文化財(遺跡)の手続き等
指定文化財の管理・手続き等
リンク集1 (飯田市教育委員会等)
リンク集2 (文化財の紹介・見学・研究等)

しなやかに舞う雌獅子の舞

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年1月9日更新

此田神楽(このたかぐら) (南信濃八重河内)

平成11年12月22日 旧南信濃村有形文化財に指定(合併時に飯田市指定文化財)

お練り祭りでの上演南信濃地区の最南部、此田集落に伝わる伊勢系の獅子神楽です。毎年正月二日に初舞が行われ、また新築、婚礼などの祝事に招かれて演じられます。しなやかに舞う雌獅子の舞で、振り袖を羽織り獅子頭をかぶって行う一人の舞と獅子頭をかぶって幌(ほろ)をかけ後ろでおかめが顔を出す二人での舞があります。戦前まで盛んでしたが、戦中に中断し、平成4年から本格的に復活して継承されています。