ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > 教育 > 文化財 > 文化財保護いいだ > モリアオガエルの繁殖地では、多くの卵塊を見ることができます
お知らせ
指定文化財等の紹介
各地区での文化財活用の取組み
文化財関連施設
埋蔵文化財(遺跡)の手続き等
指定文化財の管理・手続き等
リンク集1 (飯田市教育委員会等)
リンク集2 (文化財の紹介・研究等)

モリアオガエルの繁殖地では、多くの卵塊を見ることができます

ページID:0095764 印刷用ページを表示する 掲載日:2022年6月15日更新

モリアオガエルの繁殖地では、多くの卵塊を見ることができます

上郷黒田にあるモリアオガエルの繁殖地(県天然記念物)では、約50~60個の白い卵塊が見られます。

写真は6月11日に撮影したものです。

モリアオガエルは、主に木の上で生活しますが、繁殖期になると地上へ下り、水面上にせり出した木の枝や草の上などに卵塊を産み付けます。約1週間ほどで卵が孵化し、オタマジャクシは下の水面へ次々と落下します。

前後の足が生えてカエルの姿になると上陸し、やがて森林に戻っていきます。

 

モリアオガエルの繁殖地の詳細については、「文化財保護いいだ」で紹介していますので、ぜひご覧ください。

注意事項

野底山森林公園からモリアオガエルの繁殖地へ向かう道中にて、小水力発電所の建設工事等の工事が行われています。
交通規制が行われる可能性がありますので、「モリアオガエルの繁殖地」へ来訪される方は、事前に野底山森林公園管理事務所(Tel0265-22-0915)へお問い合わせください。

現地の様子(令和4年6月11日撮影)

モリアオガエル繁殖地の全体写真
卵塊の写真1
卵塊の写真2
卵塊の写真3
卵塊の写真4