ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 地育力どっとネット > 平成28年度「結いジュニアリーダー育成講座」まとめ

平成28年度「結いジュニアリーダー育成講座」まとめ

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年3月8日更新

「結いジュニアリーダー育成講座」年間活動が終了しました。

 結いジュニアリーダー育成講座では、「結い」という名前のとおり、お互いを助け合い、一緒に体験や学習をする中で交流を深め、「働くこと」や「地域」について学ぶことを目的としていて、講座で学習したことを、自校や住んでいる地域に生かしてもらうことをねらいとしています。

 今年は、市内各中学校から推薦された12名の中学生が参加し、年間6回の活動を行いました。一年間の育成講座で、ジュニアリーダーの皆さんが成長した姿を紹介します。

  講座のねらい

  1. 各中学校の代表者が集まり交流することを通して、飯田市の中学校間の「結い」(つながり)をつくる。また、各中学校の生徒会活動の情報交換をすることを通して、自校の活動を見返し、生徒による自治活動の充実と向上につなげていく。
  2. 遠山地区での体験学習において、自然、文化、地域の方々などの出会いから、自分のこれからのあり方を考える。また、自分の考えをジュニアリーダー同士で意見交換し、さらに考えを広め、深める。
  3. ジュニアリーダー同士が、一つの目的に向かって活動することによって、力を合わせて事を成し遂げる喜びを味わう。
  4. 講座に参加した生徒が各学校で活動成果を発表することを通して、各学校生徒の生徒会活動やキャリア教育に対する関心を高める。
 

 

【参加にあたってのジュニアリーダーの皆さんの願い】

  第1回育成講座で、ジュニアリーダーの皆さんは、こんな願いを持って参加されました。

第1回・人と接するのが苦手なので、いろいろ他校の人と交流をして、その苦手意識をなくせるようにしたいのと同時に、キャリア教育などについても少しずつ考えていきたいです。

・みんなと協力して活動していきたいなあと思います。自己紹介ではすごく緊張してしまって、みんなみたいにインパクトのある自己PRができなかったので、この一年間「私はもっとこうなんだよ。」と伝えながらも活動していきたいです。

・この講座で、他校の代表者さんたちと関わり合って、これからの課題を話し合っていきたいです。その中で、聞く力、話す力、書く力をお互いに磨いていきたいです。

・他の学校や生徒会について知り、よい意味でたくさん盗んで、それを自分の学校や生徒会活動に生かせるようにしたいです。

・少しでも早く、たくさんの人と仲良くなる。「働く」とは何か、少しでも答えが見つかるように考えたい。それを学校に持ち帰って、よりよい学校をつくれるようにする。

・最初、集合したときはすごい緊張したので、この講座がもっと楽に話し合える楽しい講座になってほしいと思う。一年の見通しを知り、改めて頑張ろうと思った。

・この講座を通して、他の学校と交流をし、互いに意見を出し合ってこれからよりよい学校を作っていきたいです。また、これから社会人になって仕事をしていく立場に立ったとき、恥ずかしくないように、今この時期にたくさん発言したり交流できるようになりたい。

・今回は、第1回の顔合わせなので、まずは相手のことをよく知り、11人のメンバーと仲良くなりたい。他校の人の話をよく聞いて、自分の学校や生活に活かしたい。

・地域のことをもっと知りたい。地域のことについて、自分がどうしていけばいいかを学びたい。

    1年経って

1年間の活動を終えての感想】

 5回の育成講座(内一回は、遠山地区での農業宿泊体験)と、キャリア教育推進フォーラムの合わせて6回の活動をおえたジュニアリーダーの皆さんの感想を紹介します。

ア 仕事の意味や地域との関わりについて考えることができた

第3回・ジュニアリーダーをやる前は、飯田は長野県にあるほんの少し栄えた狭い都市だと、思っていました。なので、狭い都市から開けた大都会に出て学びたいとつくづく思うようになりました。ですが、ジュニアリーダーになり、他校の生徒にふれあうことで、自分の価値観が変わったような気がしました。ジュニアリーダーでは、主に働くこと、地域に関わることについて学びましたが、一番収穫があったのは、自分の考え方が変わったということです。

・「働くこと」の意味、「地域と関わること」について、自分一人で持っていた小さな意見が、同世代の人の意見、実際に働く人、ボランティアで地域と関わる人など、この活動に参加しなかったら分からなかった話をたくさん聞き、考え深められた。地域のために、地域を知ること、「働くこと」について考えることの重要さを学べた。

・いろんな人との話を通して、仕事の意味には確かな一つのものがあるわけではなく、それぞれの意味があることが分かった。

イ 中学校間の絆を強めることができた

第3回南アルプス・いろんな学校の友達とも、たくさん意見交換ができたので、いい経験になったなあと思います。学校代表として、いろんな学校の人たちに、鼎のことや鼎中でやっていることなどを知ってもらったので良かったです。

・他校の活動が知れたし、他校の人とも仲良くなれた。一人一人が、意見を持っている人たちで、意見交換が新鮮だった。

ウ 自分のキャリアについて考え、将来のこと将来につながる今について考える機会となった

フォーラム・話し合いの内容は難しいことも多かったけど、今まで考えようとも思ったことのないことを、しっかりと考えられてよかったです。「キャリア」というと、難しい気がするけど、自分の今やこれからを考えるのは大切なことだと分かりました。

・ジュニアリーダーをしたことによって、キャリア(将来での自分の役割)などを実際に話し合ったり、遠山の人から話を聞いたりして実感がわきました。自分が将来どういう地域で、どのような役割・仕事に就いていくかということを考えるきっかけになったと思うし、自分の将来について興味を持つことができて、将来像もしっかりとしてきたと思うので、僕はジュニアリーダーに入ってよかったと思いました。

 この育成講座は、土曜日に開催ということもあり、送迎をはじめ保護者のご理解とご協力で成り立っています。また、市内各中学校のご支援ご協力をもちまして、おかげさまで一年間の活動を無事終えることができました。ありがとうございました。