ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 地育力どっとネット > 平成29年度飯田市キャリア教育推進フォーラムを開催しました。(その4)

平成29年度飯田市キャリア教育推進フォーラムを開催しました。(その4)

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年3月1日更新

第12回飯田市キャリア教育推進フォーラム開催

平成29年度飯田市キャリア教育推進フォーラムを開催しました。(その4)

前号(その3)に引き続き、今号(その4)では、講評とジュニアリーダーの皆さんの感想についてお知らせします。
今年も講評は、長野県教育委員会 教学指導課 教育幹兼係長の佐倉 俊 様からいただきました。

講 評

長野県教学指導課佐倉教育幹
 ジュニアリーダーの皆さんの活動発表をはじめ司会進行など立派な姿に感心しました。一人一人違う制服の皆さんが学校を超えてつながり、地域とつながり、大きな結を作ったことは大きな財産であり大切にしていただきたいことです。下久堅小学校の皆さんは、農業宿泊体験の様子をユーモア交え伝えてくれました。表現力やチームワークの良さ、たくましさを感じました。飯田風越高校生の発表は、さすが高校生。的確さを感じました。多面的・多角的な調査・考察・提案がされていて、調査から裏付けされたデータなど納得の発表でした。三行詩や作文発表は感謝の気持ちを力強く発表されていました。後半のフォーラムは、学校を超え、また、中学生、高校生、地域の皆さんが世代を超えて考えてくれました。自動車に例えてお話します。小中高では豊かな人間性と確かな学力をバランスよく備えた大きなエンジンを作り、社会に出た時に加速できるよう今の活動をがんばってほしいと思います。

会場の様子


最後に、フォーラムの運営に関わったジュニアリーダー自身の感想を紹介します。

ジュニアリーダー感想

【多くの人が集まり、様々な意見を出し合う良い機会でした】

・たくさんの中学校の人たちが挙手をしていて、こういう考えもあるのかと、新たに自分の考えを深めることができました。
・私たちが学んだことについて発表する場で、たくさんの人たちにやってきたことを知ってもらえたし、フリートークで私の中になかったいろんな意見が出て来ておもしろかったです。

【大きな会を運営する貴重な機会でした】

・あんなにたくさんの人の前で話す機会は、これから先、少ないと思うから、とても良い体験ができた。
・ジュニアリーダー全員が協力しながら積極的に動いていて、本当にいいフォーラムになったと思います。
・あまり、たくさんの人の前で意見を言ったり発表したりすることがなかったので緊張しましたが、作文を読むのではなく伝えられるように前を向いて発表ができたので良かったです。

【これからこうしたい】

・フロアからもたくさん意見をいただいて話し合いを深めることができたので良かったです。来年もぜひ参加したいと思いました。

会場の様子

まとめ

 このフォーラムは、年5回の結いジュニアリーダー育成講座の活動発表の場として、また市内小中高等学校のキャリア教育の取り組みの様子発表の場として、さらにその発表を通して多くの市民の皆さんにキャリア教育の現状を知っていただき、飯田市におけるキャリア教育の一層の推進を図ることを願って開催しています。今年度も、ジュニアリーダーの皆さんの活躍と、ご参加いただいた皆さんのお力で、すばらしい会となりました。ありがとうございました。
 中学生が、働くことの意味を考えたり、一市民としてふるさと飯田に目を向け、今自分ができる範囲で「自分が地域にどうかかわっていくか」や「自分の未来」を考えたりしたことは、ふるさとに誇りと愛着とを持ち、将来にわたって「家庭や地域・社会で様々な役割を果たしながら、自分らしい生き方を実現していく力(自分らしい生き方を実現する力)」を伸ばしていくための大事な機会になったことと思います。
 市内中学校から130人を超える大勢の中学生にご参加いただきました。参加した中学生からは、普段あまり考えない「働くことの意味や地域との関わり」について考えたり、他校の中学生と直接意見交換ができたりしたことはよかったという感想が多く聞かれました。その一方で、ジュニアリーダーの活動やキャリア教育推進フォーラムのことが学校であまり知られていないといった声も聞かれました。
 次年度は、フォーラムについての周知を図り、中学生はもとより、小学生・高校生をはじめ地域の大人の方々に参加を呼び掛け、共々に深め合うフォーラムにしたいと考えています。そのために各中学校とは、ジュニアリーダーを通じて年間を通した連携を一層充実したものにしたいと考えています。