ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 地育力どっとネット > 平成29年度飯田市キャリア教育研修会を開催しました。

平成29年度飯田市キャリア教育研修会を開催しました。

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年6月5日更新

平成29年度飯田市キャリア教育研修会を開催しました。

小・中学校キャリア教育担当者を対象の飯田市キャリア教育研修会を開催しました。

【研修会の概要】

 5月18日(木曜日)市内19小学校及び9中学校のキャリア教育担当者のための研修会を開催しました。研修の様子

 飯田型キャリア教育への理解、各学校のキャリア教育年間指導計画への「ふるさと学習」の位置づけの確認、さらには中学校区ごとの小中一貫したキャリア教育指導計画作成を目的に実施しました。

 初めに、長野県教育委員会 教学指導課の中原功博指導主事より、新しい学習指導要領の内容に絡めてキャリア教育に関する国・県の動向について説明をいただきました。

 続いて、飯田市教育委員会 生涯学習スポーツ課 キャリア教育コーディネーターが、飯田型のキャリア教育について、その内容と特長を話しました。

 飯田型のキャリア教育の具体として、昨年に引き続き、今まで先行的な実践で他校をリードしてきた、丸山小・飯田西中学校に発表していただきました。どのように指導計画を作成し、小中の連結を図っていったか、現在はどのような体制で修正・継続がなされているか、今後の課題は何かについて発表してくださいました。年々変わりゆく地域や学校の実情を踏まえ、児童生徒の活動も変化してきていること、小学生も中学生も地域に出て地域に関わって行う学習が多くなっていることをお話しされました。

 また、昨年度から取り組みを始めた小中9年間を見通したキャリア教育指導計画の作成について、旭ヶ丘中学校区の下井慈さんに実情を発表していただきました。小中連携・一貫教育の進展もあり、各中学校区では学区内の小学校、中学校の職員が合同の会議を持つこともできるようになったこと、小中の情報交換を始め、一貫した指導計画の作成にも取り組みが進められていること、小中のキャリア教育の活動を一覧にまとめ始め見えてきた課題、北信の信濃小中学校への研修で得た成果についてお話されました。

 その後、中学校区研修の様子毎のグループになり、まず各校のキャリア教育年間指導計画について特徴ある「ふるさと学習」を紹介し合った後、小中を繋ぐ9年間を見通した指導計画について話し合いました。

 多くの中学校区で、すでに小中一貫したキャリア教育の指導計画作成が進められており、さらに充実を図りたいという声の他、まだ不十分という中学校区においても、早急な作成の声が聴かれました。

 同じ中学校区の小学校・中学校がグループを組んだことで、「それぞれの学校の取り組みや工夫が良くわかり参考になった。同じ地域にあり、共通の児童生徒を対象とする学校なので、共通の話題で話すことができてよかった。」という感想が多く聞かれました。

 

 

【参会者の感想】

 1 研修A(教学指導課 中原功博 指導主事の講義・飯田型キャリア教育の確認・丸山小飯田西中、旭ヶ丘中学校区事例発表)について

  • 全国、県の動きを話題にしていただきありがたかった。キャリア教育を今後どんな方向で進めていったらよいのか参考になりました。今後も、また、教えていただけるとありがたいです。

  • キャリア教育=生き方教育の考えのもと、「しなければならない」よりも、子供たちの学びや願いに沿った学習を、地域素材を生かして組み立てていきたいと改めて思いました。

  • 子供たちの日常生活や学習がキャリア教育につながっている。ただ、その視点が教師側にあるかないかだということが分かりました。

  • キャリア教育に限ったことではありませんが、活動なり何かを始めようとすると、「そのために~をしなければならない」という発想になりがちですが、事例でも示していただいたように、生徒がその地域で地域に触れることで、何を学び自身の生き方としてどう生かしていくのか、そのためにどんな学習が必要なのか、生徒を主体に考えていきたいと思います。ふるさと学習を行うにあたって、子供たちがどう地域を見つめていくのか、それに対して教職員は何をするのか、何ができるのか、・・・が大切。キャリア教育に携わる上で、頭の中に置いておきたいと思います。

 2 研修B「グループ演習」について

  • 丸山小、飯田西中の内容のことについて話題にすることができた。重ねてきているものをまた新しい職員が重ねていけるように、また情報交換をしていきたいと思いました。

  • 大変稔りある情報交換になりました。他校の実情がわかり、中学校での活動も知ることができ、逆に小学校でどう繋げていくのか検討していく必要性を感じました。

  • 東中学校区の3校でキャリア教育として育てていきたい子供の姿を定め、中学の「まちづくり」の活動につながっていく全体計画づくりを進めていきたいなと感じました。情報交換ができ、とても参考になり、本校の計画の参考になりました。

  • 同じ中学校区の様子を聞くことができ参考になりました。小中連携会議で、今後又4校の職員が顔を合わす機会があるので、この一年で何か形に残せるようにしたいと思いました。

3 長野県教委や飯田市教委への意見要望等

  • 小小、小中連携が強い地域だと改めて感じた。子供たちが「ふるさと愛」を持てるよう、取り組みを仕組んでいきたい。

  • 地域の人材・宝を活用していくにあたって、内容の選定、打合せ、準備等がすごく大変に感じています。(特にその学校1年目の年)学校ごと、中学校区ごとにそういった情報をリストのようにしていけるといいなあといつも思っています。小中の連携もその方がスムーズにいくかと思います。

  • リニア時代を迎えるにあたり、行政や大人は何をしていこうとしているのか、どんな戦略を考えているのかということを、具体的に中学生に説明する機会を作ってもらいたい。情報がなければ、子供たちもこの地域で生きてゆく夢が持ちづらい。グローバルな視点も持てない。

4 その他

  • 5月23日に社会見学を計画し、市役所や人形美術館を見学しますが、初めてのことであり、段取りや打合せが大変でした。「人材バンク」「見学案内」など、見学までの手続がしやすくなると学区外に出ての学習が活発になると思うので、ぜひそういう面を整備していっていただけるとうれしいです。

  • 職場でキャリア教育のこと(意味・目的・指導計画)を説明しているが、日頃の実践の中で、どのくらい意識されているかつかみづらい。キャリア教育の目的を持って授業に臨まないと、つけるべき力がつかないと思うが、目先の目的にとらわれて、なかなか難しい。キャリア教育の評価をどのようにしていけばよいのか?

  • やるべきことがたくさんあって、仕事が追いついていかない。キャリア教育の年間指導計画を作成しなければと思っているが、なかなか作れない。

  • 旭ヶ丘中学校の発表でもありましたが、様々な行事に関わる活動を、総合的な学習の時間で行うと、つながりが見えにくくなってしまう点をどうしていけばよいか困っています。

【まとめ】

 本研修会は、飯田型のキャリア教育について、毎年確認しつつその充実を図ってきましたが、各校で「ふるさと学習」が定着してきています。また、昨年の研修会を機に、どの中学校区でも小中9年間を見通したキャ研修の様子リア教育がなされるよう小中一貫した指導計画の作成が始まったことも大きな成果です。

 参加者から、「小中でキャリア教育の係会を継続し、指導内容の検討や小中一貫した年間指導計画の作成を一層進めたい」といった積極的な意見や、「始めてみると、活動のまとめ方が難しい」「わかっているが、日々の仕事に追われなかなか進まない」といった反省が寄せられました。様々な困難点もありますが、研修会参加者の皆さまのお力添えで、校内職員の共通意識化や小中一貫したキャリア教育の年間指導計画の作成等を進めていただき、各校において無理のないキャリア教育が進められるようにと願っています。市教委としてもしっかり支援をしていくつもりです。