ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > 市政情報 > 市政 > 補助制度・助成制度・融資制度 > 新型コロナウイルス関連情報 > 飯田市新しい生活様式定着支援補助金(市内中小企業者等向け)

飯田市新しい生活様式定着支援補助金(市内中小企業者等向け)

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年9月15日更新

補助金の概要

補助金説明

例示に無い製造業、卸売業、建設業などの皆様も窓口や応接などお客様と接する場所における感染防止対策をしていれば対象となります。詳しくは市へお問い合わせください。

各種書類について

関係書類一括ダウンロード

  こちらから関係する全ての書類をダウンロードできます

  関係資料一括ダウンロード (PDFファイル/1.62MB)

申請書類

     ■ 提出書類チェックシート

   提出書類チェックシート (PDFファイル/61KB)

   申請書兼請求書(PDF版)  

   申請書兼請求書 (PDFファイル/99KB)

   申請書兼請求書(エクセル版)  

    ・1つの事業所で取り組んだ場合

    申請書兼請求書自動計算シート(1つの事業所で取り組んだ場合) (Excelファイル/45KB)

    ・複数の事業所で取り組んだ場合

    申請書兼請求書自動計算シート(複数の事業所で取り組んだ場合) (Excelファイル/57KB)

      宣誓書兼同意書    

    宣誓書兼同意書 (PDFファイル/63KB

記入例

   ・1つの事業所で取り組んだ場合

   申請書兼請求書記入例(1つの事業所で取り組んだ場合) (PDFファイル/122KB)

   ・複数の事業所で取り組んだ場合

   申請書兼請求書記入例(複数の事業所で取り組んだ場合) (PDFファイル/144KB) 

申請要領

  下記のファイルをご覧ください

  申請要領 (PDFファイル/213KB)

対象者

次の条件をすべて満たす中小企業者等が対象となります

■ 申請時に飯田市内に事業所(施設・店舗)を有する法人または個人事業主で、中小企業信用保険法(昭和25年法律第264号)第2条第1項に規定する事業者であること。

■ 小売業、飲食・サービス業、宿泊業、生活関連サービス業、娯楽業、道路旅客運輸業、教育、学習支援業、医療・福祉、不動産業、物品賃貸業、専門・技術サービス業、複合サービス業のいずれかを営んでいること、または、日常的に対人販売や対人サービスを行っていること。(下記対象業種一覧参照)例示に無い製造業、卸売業、建設業などの皆様も窓口や応接などお客様と接する場所における感染防止対策をしていれば対象となります。

対象業種一覧 (PDFファイル/134KB)

対象業種一覧(例示) (PDFファイル/62KB)

 

■ 飯田市税を滞納していないこと。

■ 飯田市暴力団排除条例(平成23年飯田市条例第34号)第2条第2号に規定する暴力団員又は同条例第6条第1項に規定する暴力団関係者でないこと。

■ 風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(昭和23年法律第122号)第2条第5項に規定する性風俗関連特殊営業または当該営業に係る接客業務受託営業を行う事業者でないこと。

■ 政治団体でないこと。

■ 宗教上の組織若しくは団体でないこと。

■ 今後も飯田市内で企業活動を継続する意思があること。

 

申請できる回数

■ 1法人、1個人事業主につき1回のみとします。

  申請額が上限額を下回っていても、2回目以降の申請はできません。

 

補助対象の支出期間・取組・経費

対象となる支出期間 

 令和2年4月1日(水曜日)から令和2年11月16日(月曜日)までに支払った経費(税抜)が対象となります。

 

対象となる取組・経費

 中小企業者等が、多数の方が利用する飯田市内の事業所(施設・店舗)において、新型コロナウイルス感染防止対策として取り組んだ「(1)衛生設備の導入」や「(2)衛生用品の購入」に係る経費を補助が対象です。

 ただし、「(2)衛生用品の購入」だけの場合は対象になりません。「(1)衛生設備を導入」したときのみ、「(2)衛生用品の購入」に係る経費も対象とします。

 

補助対象経費一覧

補助対象経費目的対象一覧

補助対象経費一覧

※エアコンは原則不可ですが換気機能があれば対象とします。

(1)衛生設備導入飛沫感染防止

飛沫感染防止パネル、透明ビニールカーテン、ソーシャルディスタンス確保を目的としたサイン など

消毒

自動型手指消毒器、器具用消毒器、除菌剤の噴霧装置、オゾン発生装置、紫外線照射機、非接触自動水栓、自動ソープディスペンサー など

換気

換気扇、ウイルス対策が可能な空気清浄機、換気機能があるエアコン、密閉を防ぐための開閉式窓や網戸の設置、換気を目的とした扇風機 など

体温測定

非接触体温計、サーモカメラ など

その他

セルフレジ・キャッシュレス化対応機器導入 など

(2)衛生用品購入

 (消耗品)

ゴーグル、フェイスシールド、ガウン、エプロン、防護服、布マスク、使い捨てマスク、マスクケース、アルコール消毒液、消毒用ウェットティッシュ、ディスポーザブル手袋、洗浄剤・漂白剤 など

 

 

補助対象外の経費

次にあげる経費については、この補助金の対象経費とはなりません

消費税及び地方消費税を含む租税公課

送料、手数料、保証料などの経費

■令和2年11月16日までに支払ったことが確認できない経費

■令和2年11月16日までに設置または納品されていない衛生設備、衛生用品に係る経費

■補助対象と同一の経費において、他の助成制度による財政的支援を既に受けている または 受ける見込みのある経費

■事業所の修理または修繕に係る経費(新しい生活様式に対応するためのものを除く)

■既存設備等の撤去・廃棄に係る経費

■設備の導入・改修等により新たに必要となる固定費用(電気料等)

■パソコン、スマートフォン、タブレット、ハードディスク、サーバーの購入等のほか、汎用性があり新型コロナウイルス感染症対策の目的外で使用可能なもの

補助の割合・補助額

補助の割合・補助の上限額

補助の割合は、補助対象経費(税抜)の 10分の8 とし、算定額の千円未満は切捨てとします。補助の上限額は下記のとおりです。

補助金額の計算方法

 補助額の計算方法

 補助上限額

対象者

補助上限額

補助全体

(うち、衛生用品購入)

事業所1か所で取り組んだ事業者

10万円

(5万円)

複数の事業所で取り組んだ事業者

20万円

(10万円)

 

衛生用品の購入経費(税抜)に対する補助額の上限

  衛生用品の購入経費に対する補助金の上限を 50,000円とします。

 補助の割合は経費の10分の8のため、逆算すると衛生用品の購入での対象経費は最大で62,500円(税抜)となります。

補助金額計算例

計算例

計算例

添付写真例

  添付写真例

地域内経済循環の促進

・飯田市は、市内の事業者が製品化し販売している新型コロナウイルス感染症対策関連の衛生設備及び衛生用品について、広く周知することにより、地域内経済循環を促進します。

・市ウェブサイトなどで情報発信しますので、事業者の皆さんには、市内の事業者による衛生設備・衛生用品の中から、必要なものを選択していただくことができます。詳しくは下記PDFをダウンロードしてご覧ください。

コロナウィルス感染症対策 製品紹介 (PDFファイル/405KB)

・地域経済の活性化を図るため、飯田下伊那地域の事業者等からの購入にご協力をお願いします。

申請に必要なもの

以下の(1)~(7)すべての書類を提出してください。

 ※提出書類の詳細についてはチェックシートを確認ください。 

   提出書類チェックシート (PDFファイル/61KB)

(3)~(7)について、A4サイズよりも小さい場合は添付書類台紙に貼り付けて提出してください。

(1) 飯田市新しい生活様式定着支援補助金交付申請書兼請求書

   ※複数の事業所で取組を行った事業者は付表も提出してください。

 

(2) 交付申請書に関する誓約書及び同意書

 

(3) 領収書などの書類の写し(日付、品名、金額の3点がわかるもの) 

   ※対象期間は令和2年4月1日から令和2年11月16日までとなります。

    ※原本を提出された場合でも、返却は行いません。

 

(4) 業種・業態等が確認できる書類の写し(いずれか1つ)

業種・業態等が確認できる書類
【法人の場合】 

・所管する税務署の受付印が押された直近の事業年度の所得の確定申告書第1表の写し

・履歴事項全部証明書(申請日の3か月以内に発行されたもの)

・営業許可書の写し(※)

※営業許可書:複数の事業所で取り組んでいる場合は、該当するすべての事業所の営業許可書の写しが必要です。
【個人事業主の場合】

・所管する税務署の受付印が押された令和元年分の確定申告書第1表の写し

・営業許可書の写し(※)

・開業届の写し

 

(5) 本人確認書類の写し(個人事業主の場合にいずれか1つ)

   下記のうちいずれか一つの写しを、住所、氏名等がはっきりとわかるように提出してください

   運転免許証(裏面に記載のある場合はおもて・うら両面)、健康保険証、在留カード、パスポート、身体障害者手帳、

   特別永住者証明書、個人番号カード(おもて面のみ)、住民基本台帳カード(おもて面のみ)

 

(6) 衛生設備を導入したことが分かる写真(設置したすべての設備について必要です)

   ア 事業所名、店舗名の看板等とともに外観が分かる写真

   イ 衛生設備が設置されていることが分かる写真(複数の場合はすべての設備の写真が必要)

   ウ 衛生設備の型番等が分かる写真(無い場合は取扱説明書の写しなど)

   ※衛生用品については、写真の添付が不要です

 

(7) 補助金の振込先を確認できる通帳等の写し

   振込先の金融機関名、支店名、口座番号、預金種別、口座名義及び名義人のカナ表示を確認することができるもの

   ※法人の場合は、法人名義(代表者名義可)の通帳等の写し

   ※申請者と同一名義のものに限ります

    

よくあるお問い合わせ(Q&A)

詳しいQ&Aは以下をダウンロードしてご覧ください。

Q&A (PDFファイル/246KB)

Q1 補助金の対象はどのような業種ですか。

以下に記載されている業種です。

小売業、飲食ービス業、宿泊業、生活関連サービス業、娯楽業、道路旅客運輸業、教育学習支援業、医療・福祉、不動産業、物品賃貸業、専門技術サービス業、複合サービス業  

詳細は「対象業種一覧」をご覧ください。

Q2 医療機関は対象になりますか。

医療・福祉ではあん摩、マッサージ業などの療術業が対象となります。

Q3 例示されている対象となる業種に該当しませんが、日常的に対人販売や対人サービスを行い感染症対策に取り組んでいます。対象になりますか。

例示されていない業種でも日常的に対人販売や対人サービスを行い、感染症対策に取り組んでいる場合は、対象となるときがあります。詳しくは市へご相談ください。

Q4 政治・宗教団体も対象となりますか。

政治・宗教団体は対象となりません。

Q5 飯田市外の事業者も対象ですか。

飯田市外に本店を有する事業者であっても、飯田市内に事業所があれば対象です。ただし、市内の事業所における衛生設備及び衛生用品の経費のみが対象となります。

Q6 市内で3店舗経営していますが、それぞれ別々に申請して30万円の補助が受けられますか。

市内の複数の店舗があっても事業者が同じ場合は1回の申請にまとめてください。本補助は1事業者あたり1回しか申請できません。複数経営している場合はご注意ください。なお、市内の複数の店舗の場合の補助額の上限は20万円となります。

Q7 どのような経費が対象となりますか。

感染防止対策として取り組んだ衛生設備及び衛生用品に係る経費です。具体的には申請要領6に掲載されている経費が対象となります。

Q8 補助額はいくらですか。

補助の割合は、補助対象経費の10分の8とし、補助金の上限額は下表のとおりです。

対象者

補助上限額

補助全体

(うち、衛生用品購入)

事業所1か所で取り組んだ事業者

10万円

(5万円)

複数の事業所で取り組んだ事業者

20万円

(10万円)

Q9 衛生用品の購入のみでは補助の対象となりますか。

衛生用品の購入のみでは補助の対象となりません。衛生設備の導入をしたときのみ、衛生用品の購入に係る経費も対象とします。

Q10 対象となる経費の支出期間はいつまでですか。

令和2年4月1日から令和2年11月16日までの間に、実際に支払った費用が対象となります。添付していただく領収書等で、この期間内に支払われたかなどを確認できることが必要です。

Q11 購入費用等は支払ったが、納品されない場合は対象となりますか。

申請時点で納品されているもののみ対象となります。

Q12 購入した金額に消費税が含まれている場合は対象となりますか。

消費税及び地方消費税額などの租税公課は、対象経費に含みません。必ず税抜金額を記載してください。また送料、手数料、保証料なども対象経費に含みません。

Q13 他の補助制度との併用可能ですか?

補助対象と同一の経費において、すでに他の補助金の申請をした、または申請を予定している場合は補助の対象となりません。

Q14 既に感染防止パネルを設置していますが補助の対象になりますか?

対象になります。本補助は令和2年4月1日から令和2年11月16日までに支払った経費を対象としています。本補助が開始される8月時点で既に設置されているものも、遡って対象になります。

問い合わせ先

・飯田市 産業経済部 産業振興課

・電話:0265-22-4511 内線5371、5372

・受付時間:月曜日~金曜日 8時30分~17時15分(祝日を除く)

 

 

 

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)