ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

市長メッセージ (5月27日 動画あり)

ページID:807030527 印刷用ページを表示する 掲載日:2021年5月27日更新

市民の皆さんへ 市長メッセージ


市職員の新型コロナウイルス感染症陽性者の発生について 

 本日(5/27)、飯田保健所管内において2名の新型コロナウイルス感染症の陽性者が確認されたとの公表がありました。感染された方、ご家族をはじめ関係者の方々に心よりお見舞い申し上げますとともに、一日も早い回復をお祈りいたします。
 本日陽性が公表された2名のうち20代女性は、昨日感染が公表された50代女性の濃厚接触者ですが、飯田市役所に勤務をしております。当該職員は、市民協働環境部に所属しておりますが、職場については本日始業前に消毒を終え、飯田保健所の疫学調査により検査対象となった同僚職員についても、本日、検査を行い、陰性が確認されております。
 なお、今回陽性が確認された職員は、勤務中常時マスクを着用しており、検出されたウイルス量も少ないことから、当該職員の勤務する職場について閉鎖する必要はない、とのご判断を飯田保健所から頂きましたので、他の部署の職員の応援を受け、通常通り業務を行っております。また、市民の皆さんへの影響もアクリル板越しで対応していたことから問題ない旨、飯田保健所に確認済みです。
 市民の皆さんにはご心配をおかけいたしましたが、陽性となった職員は職場での感染防止ルールを遵守しており、他の職員に感染は広がっておりませんのでご安心ください。市民の皆さんの職場でも、「昼食時の会話は控え、昼食後にマスクをして会話をする」「換気に気をつける」などの対策を、ぜひお願いしたいと思います。

冷静な対応をお願いします

 本日陽性が公表されたもう1名の方、50代男性につきましては、飯田保健所において感染経路を調査中です。飯田保健所から特に立ち寄りに注意すべき場所についての公表はありませんので、市民の皆さんには、冷静に行動していただきますようお願いいたします。

県内でも、感染力が強い変異株への置き換わりが進んでいます

 長野県によれば、感染力が強いとされている変異株への置き換わりが県内においても急速に進んでいることがスクリーニング検査によって確認されており、飯田保健所管内においても同様の結果であったとの情報が伝わっております。
 伊那市、駒ケ根市など上伊那の5市町村の感染警戒レベルが5、愛知県に緊急事態宣言、岐阜県にまん延防止等重点措置が出されており、感染拡大地域がごく近くまで迫ってきております。この地域の直近1週間の陽性確認者数も2ケタとなっており、一層の警戒が必要です。

 南信州圏域外との往来は極力控えていただきますようお願いいたしますとともに、やむを得ず往来があった場合には、積極的に検査を受けていただきますようお願いいたします。
 もし、少しでも体調が悪い場合(例えば、発熱、せき、倦怠感などがあるとき)には、外出を控え、早めに医療機関を受診しましょう。
 
また、変異株は感染力が非常に強いことから、これまでの対策の中で特に「換気」を徹底するようにしてください。

75歳以上の皆さんへのワクチン接種を行っています

 ワクチン接種につきましては、飯田市内では、75歳以上の方々を対象に、南信州広域連合事務センター(旧地場産センター)での集団接種とかかりつけ医など医療機関での個別接種の「2本立て」で接種を実施しております。
 また、今週から、65歳以上74歳以下の方に、順次接種券の送付を始めております。予約の電話が混雑しないよう、来週にかけて3回に分けて発送しておりますので、まだお手元に届いていない方は、今しばらくお待ちいただきますようお願いいたします。
 かかりつけ医などでの個別接種はそれぞれの医療機関に、集団接種会場での接種はコールセンター(0265-22-4585)にお電話いただき、接種の予約をお願いいたします。コールセンターでは、電話の回線数を増やして対応しております。平日の8時30分から17時15分までの間にお電話いただきますようお願いいたします。
 なお、集団接種の予約は、インターネットでも受け付けております。飯田市のホームページから予約画面に入れますので、利用してみてください。ご家族をはじめ周囲の皆さんも、高齢者の方のサポートをよろしくお願いいたします。

 市民の皆さんのこれまでの御協力に改めて感謝申し上げますとともに、引き続き感染防止に努めていただきますよう、よろしくお願いいたします。

 

令和3年5月27日

  飯田市長 佐藤 健

 


 

メッセージ動画

・動画は5月27日に撮影しました