ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

市長メッセージ (4月22日)

ページID:8490422 印刷用ページを表示する 掲載日:2022年4月22日更新

市民の皆さんへ 市長メッセージ

飯田保健所管内で54名の陽性者確認

 本日(4/22)、飯田保健所管内において54名、飯田市内で33名の新型コロナウイルス感染症の陽性者が確認されたとの公表がありました。感染された方、ご家族をはじめ関係者の方々に心よりお見舞い申し上げますとともに、一日も早い快復をお祈りいたします。

直近1週間は先週に比べて急増

 4/15~4/21の一週間の感染状況を見ますと、前の一週間に比べて、陽性者の総数は、313人から271人へと減少しましたが、19日(火)には管内で76名、市内で54名と管内で過去2番目、市内で過去最多を記録しました。また、感染経路不明という方が引き続き一定数おられ、警戒を要する状況です。

動向

 年代別の陽性者数を見ますと、10代以下が全体の4割弱、前の週よりも数・割合ともに減少はしましたが、先週とは別の高校、小学校、児童福祉施設で集団感染が発生したと公表され、子どもへの感染拡大に注意を要する状況が続いております。

年代別

家庭内感染に注意を

 また、20代から40代までの陽性者数が全体の半数近くを占めており、子どもと家族の間での家庭内感染が推測されるケースが多く見られます。

 親子ともに体調の変化には注意していただき、体調不良がある場合には、決して無理をせず、週明けの登園・登校・出勤等を控えていただきますようお願いいたします。

 厚生労働省が呼びかけている「お子さまが新型コロナウイルスに感染した際の対応について」のチラシには、

  1. 窓を開けて換気
  2. 可能な範囲で部屋を分ける
  3. 可能な範囲でマスクを着用する
  4. こまめな手洗い・幅広い消毒
  5. 洗濯・掃除の徹底
  6. ごみは密閉して捨てる

 の6点が推奨されています。各ご家庭でも、できる限り取り組んでいただくことをお薦めいたします。

おこさまが

会食、カラオケなど「マスクなしでの会話」に気を付けて

 また、20代から40代の陽性者の中に、感染経路不明の方が多く見られる傾向は、前の週と同様です。人の移動や新しい方との出会いが多いこの時期、気を付けていただきますようお願いいたします。

特に、会食、カラオケなど「マスクを外した会話」が起こりやすい場面では、黙食、マスク会食、人との距離を取る、換気を頻繁に行うなど、細心の注意を払ってください。

 10人以上の会食を行う場合は、「事前検査で安心な会食応援事業」で簡易検査キットを取り寄せていただき、会食前に検査をし、個室または貸切で会場内に検査で陰性が確認された方しかいない状況を作って会食を行っていただきますようお願いいたします。

※事前検査で安心な会食応援事業(外部リンク)

長野県全域に「医療警報」発出中

 長野県は、県内の病床使用率が25%を超える状況が続いたことから、4/20に「医療警報」を発出しました。

 南信ブロックの病床使用率も、4/21(20時)現在で30.4%と25%を超えております。高齢者の方や基礎疾患のある方、そのご家族の皆さんは、特に感染防止対策の徹底にご留意ください。

3回目のワクチン接種お早めに

 3回目のワクチン接種により、オミクロン株に対する発症予防効果・重症化予防効果が回復することが示唆されるとのことです。12歳から17歳までの方を含め、2回目の接種から6カ月を経過した方に順次接種券を発送しておりますので、接種券が届きましたら、お早めに接種いただきますようお願いいたします。

 特に、お子さんをお持ちの方は、ご自身からお子さんへの感染、お子さんからご自身への感染を予防するためにも、積極的に接種していただきますようお願いいたします。

 現在、比較的予約が取りやすい状況となっており、市の集団接種会場はゴールデンウィーク中も通常運営いたしますので、お早目の接種をお願いいたします。

 接種医療機関など詳しいお知らせは、飯田市ウェブサイトに掲載しているほか、接種券に同封の案内通知をご覧ください。

 お問い合わせは、飯田市コロナワクチンコールセンター(電話0265-22-4585)までお願いします。

3回目ワクチン接種

誹謗中傷をしないように

 いつどこで誰が感染してもおかしくない状況です。感染された方を責めるようなことはくれぐれもしないように、また、SNSの利用も含め、誰が感染したか、誰が検査対象者になったかなどを詮索したり、広めたり、誹謗中傷したりすることのないようご協力をお願いいたします。

 もし、お困りの方がいらっしゃいましたら、飯田市誹謗中傷等被害相談窓口(電話0265-22-4570)までご連絡ください。

 かからない努力に加えて、うつさない努力・広げない努力が必要な局面です。

「体調が悪いときには決して無理をせず外出を控える」「心配なときには積極的に検査をする」そして「誹謗中傷をしない」。

引き続き、市民の皆さんのご協力をよろしくお願いいたします。

  

令和4年4月22日

  飯田市長 佐藤 健

 


 

ひとりで悩まず、まずお電話を
ご相談内容 ご相談窓口 電話番号
休園・休校に関する相談 通っている保育園・認定こども園、学校 保育園・認定こども園、学校へ
子育て全般に関する相談 こども家庭応援センター 0265-22-4511(内線5343)
つどいの広場(地域の子育て支援拠点) 連絡先は
いいだ子育て応援アプリ
いいだ子育てネット(外部リンク)
心や体の健康に関する相談 各地区の保健師  
飯田市保健センター 0265-22-4511(内線5531)
誹謗中傷などに関する相談 飯田市誹謗中傷等相談窓口 0265-22-4570
休校に関する助成金の相談 助成金・支援金コールセンター 0120-60-3999
相談先がわからないとき 飯田市福祉まるごと相談窓口 0265-22-4511(内線5728)

 

メッセージ動画

・動画は4月22日に撮影しました

これまでの市長メッセージ

これまでの市長メッセージはこちらからご覧ください(You Tube)(外部リンク)

二次元コードで読み込む方は下記からご覧ください

You Tube 飯田市公式チャンネル